大きくなったら勝手に出来るように・・・ならない。


おはようございます。

世界×教育で教育迷子から脱出し、子どもの真の才能を発掘し伸ばす!

あなたと子どものHappy Lifeをプロデュースする、教育迷子のコンサルタント、Masamiです。

先日、「親の都合で子どもを動かそうとすると、文化やマナーまで変化していく」ということをお伝えしました。

※過去記事:「親の都合で子どもを動かそうとすると、文化やマナーまで変化してしまう!?」

「まさにこの現象が起こっているのを知っています!」

というコメントをくださった方もいて、嬉しい限りです。

今日はその延長のお話を少し。

あなたは、”子どもが今出来ないことは、大きくなったら勝手に出来るようになる”と思っていますか?

大きくなったら勝手に出来るように・・・ならない。

もし前述の質問に「Yes!」だったのならちょっと注意が必要です。

なぜなら、大きくなったら勝手に出来るようになることって案外少ないからです。

(オムツが外れるなどは成長すれば出来るようになりますが、ここではマナーや人間力のことについてお話しします。)

例えば挨拶。

例えば礼儀。

例えば思いやり。

これらは親がしっかりとやっているところを見せる(体現)、もしくは伝えないと身に付けることが出来ないものです。

それを、

「面倒くさい、大人になったら勝手に出来るでしょ」

と思っていると、「いい大人なのに出来ない人」になるだけです。

大きくなったら勝手に出来るようにならない・・・虐待の連鎖。

なんだかいまいちイメージが湧かない・・・

そんな時には『虐待の連鎖』を考えてみてください。

虐待の連鎖とは、

「親から虐待を受けて育った子が自身も親になった時、自分の子どもにも虐待をしてしまう」

ことを言います。

例えば、親から虐待を受けて育ったAさんという人がいたとします。

Aさんは親から虐待を受けて育ったので、

・自分の子どもにはそんなこと絶対にしない!

・愛情をたっぷりかけて育てる!

と決意して子育てに励みました。

ところが・・・子どもが言うことを聞かない時、泣き止まない時、どのように子どもに接すればよいのか分かりません。

Aさん自身が親に適切な接し方をされてこなかったため、どのように子どもに接するのが適切なのか分からないのです。

結局、自分が親からされていたように手をあげてしまうようになりました。

これが虐待の連鎖です。

※もちろんこれはあくまで例えです。虐待を受けた方の70%は連鎖を食い止めることが出来ているというデータもあります。(出典「おやこの医学」)

子どもは”親にされたこと”を学び、”されなかったこと”は自然には学べない。

子どもは親にされてことは学びますが、されなかったことは自然には学べません。

つまり、「大きくなったら勝手に出来るようになる」ということはないのです。

特に、人とのコミュニケーションや礼儀やマナーなどの『人間力』は大人になってから学ぼうとするととても大変です。

一朝一夕で身に付くものではない、且つ、とても大事な部分だからこそ、

・面倒だから

・手間だから

・危ないから

ではなく、ちょっと面倒でも手間でも、今からしっかりと子どもに伝えたり、一緒に行ったりすることが大切なのです。

それが成長した子どもが世界中で活躍出来る土台になったり、才能を活かす力にもなったりするのですから。

それに、子どもと共に改めて調べたり学んだりすることはとても楽しく、あなたの可能性を伸ばすことにも繋がりますよ!

子ども&あなたの可能性も無限大!

《お子様の教育に関して迷ったら》

幼児キャリア教育事業部

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまう親御様の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・御両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Translate »