開催!松ぼっくりで作る、可愛いフクロウ♪


11999867_809156975871767_1186257738_n9月13日(日)に、月島にあるCafe normeさんで、World Natureプログラム『松ぼっくりで作る、可愛いフクロウ』を無事に開催致しました。

今回は少人数で2組、計5名の親子にご参加いただきました。

スポンサーリンク

フクロウの首は1回転するか否か!?

2組の親子とも、ありがたいことにリピーターの方々。

挨拶をさらっとし、すんなりと本題へ。

まずは「セルズ環境教育デザイン研究所」の西海さんこと、大ちゃん先生より、フクロウの生態についてのお話から。

では、ここでクイズです!

1.フクロウの首は1回転する?〇か✖か?

2.フクロウの羽は、広げると1mになる?〇か✖か?

3.ミミズクの「ズク」という言葉は「フクロウ」という意味?〇か✖か?

子どもたちはこのクイズに興味津々!

”どっちかな?” ”そんなになるのかな~”と言いながら考えていました。(正解は一番最後に。)

クイズの後は、「フクロウあてゲーム」。

一瞬出てくるフクロウの写真をもとに、どの種類のフクロウかを当てるゲームをしました。

子どもたちも、これには大興奮!

大盛り上がりでした。

LET’S 工作!

大ちゃん先生のフクロウ講座の後は、絵本:「かあさんふくろう」を読んだ後にいよいよ松ぼっくりでの工作TIMEへ。

20150913_113047

※親子で協力してオリジナルフクロウを作る様子。色も工夫していました!

松ぼっくりサイズなので、パーツがとても細かくなってしまい、子どもたちには難しかったようで、申し訳なかったです・・・

小学生になると、自分で全部作ることが出来ていて、成長を見ることが出来ました。

完成!松ぼっくりフクロウ!

さて、少々苦労させてしまいましたが、それぞれ個性的なかわいい作品を完成させてくれました!

20150913_121053

止まり木にとまっているもの、羽を広げて飛んでいるもの、ミミズクにメンフクロウ・・・

どれもとっても素敵なフクロウが出来ました!

これでみんなもフクロウ博士!

約2時間、フクロウの生態を学んだり、工作をしたりして楽しく過ごした時間。

子どもたちはあっという間にフクロウの種類も覚え、フクロウ博士に大変身!

笑顔もたくさん見せてくれて、こちらもとても嬉しい時間となりました(*^-^*)

課題はありますが、有意義な時間を過ごすことが出来ました!

参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました!!

12025354_809162069204591_774790644_n

※クイズの正解

1.✖ 左右とも真後ろまでは回るが、360°ぐるぐると回るわけではない。

2.〇 羽は広げると1m以上になる。

3.〇 ミミズクの「ズク」は昔の言葉で「フクロウ」という意味。ミミズク=耳のついたフクロウの意。

 

 

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »