フランスの子どもは夜泣きをしない


yjimageJOGCALTN『フランスの子どもは夜泣きをしない』という気になるタイトルの本を読みました。

”赤ちゃんの時は誰だって夜泣きをするのではないの?”と思っていた私にとっては実に気になる内容。

読んでみると、”なるほど~!”と思うことがたくさんありました。

また、”英米人ママがフランスの子育てを追う”というような内容なので、フランスの子育てを学ぶのと同時に、英米人の子育てを垣間見ることが出来て面白かったです。(日本は英米人スタイルだなと感じました。)

「赤ちゃんは夜をきちんと過ごせてる?」

さて、タイトルにも夜泣きのことが出ていますので、ここでも夜泣きについてご紹介します。

フランスでは、「夜泣きをする?しない?きちんと眠れてる?」という言い方を、「夜を過ごす」という言葉で表現するそうです。

なんともおしゃれですね!

そして、関心したポイントは、フランスの赤ちゃんはだいたいが「生後2か月くらいから、夜まったく起きずにぐっすり朝まで眠れる」というところ。

遅くとも生後6か月には「きちんと夜を過ごせる」のだそうです。

なんてすばらしい!と感じませんか?もし、生後2か月ほどで夜泣きをせず、ぐっすり眠ってくれるなら、親の睡眠不足も負担も軽くなりますよね。

そうなるための大事なポイントは・・・『子どものリズムをつかむこと』だそうです。

一体赤ちゃんが何を求めているのか?泣き出してから5分くらい待ってみることが大切なのだとか。

この、『どんな子どもにも必ずリズムがある、ちょっと待つ』がフランス流子育てのポイントだと感じました。

乳児でも食事は1日4回!保育園の給食はフルコース!?

さて、日本では朝・10時のおやつ・昼・3時のおやつ・夕・夜食と1日6回ほど食事をとることが一般的だと思いますが、フランスの赤ちゃんの食事は、朝(8時)・昼(12時)・夕(16時)・夜(20時)の4回なのだそうです。

しかも、どの子もだいたい食事時間は同じなのだそう。それはいったいなぜなのでしょう?

また、保育園の給食は”フルコース”。

前菜、メイン、デザートなど、栄養バランスの取れたものを毎回食べているのだとか。

同じ食材は極力使わない・調理方法を変えるなどの工夫をして作っている給食は、フランス全体が「食育」にも力を入れているという証拠なのかもしれません。

ここでの話は、私の幼児教育理念とがっちりマッチしており、フランスの保育園、幼児教育を見てみたい!と強く思うきっかけになりました。

ぜひご一読を!

さて、とても楽しく読めて、子育てを考えさせてくれる本ですので、ぜひ読んでほしいと思い、内容紹介はここまでにしておきます(*^-^*)

共感する部分、なるほどと思う部分、ここは日本の方がいいなと思う部分、一冊の中で様々な見解ができると思います。

親御さんが世界の子育て法に興味を持つことも、国際人への第一歩!

ぜひ、お手に取ってみてくださいね!

☆目次☆

序章:フランスの子どもは食べ物を投げない

第一章:パリ移住と妊娠

第二章:パリの妊婦はなぜスリムなのか

第三章:フランス人の赤ちゃんは朝までぐっすり眠る

第四章:お菓子作りは教育の宝庫

第五章:保育所はすばらしい

第六章:フランス人ママは母乳にこだわらない

第七章:フランスの魔法の言葉

第八章:フランス流、夫婦円満の秘訣

第九章:フランス流の食育はおどろきの連続

第十章:なにかがちがう、フランス人の親の叱り方

第十一章:子どもには子どもの人生がある

終章:フレンチな未来

 

 

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Translate »