海外では保護者は先生とのコミュニケーションは取れない!?


とは言い過ぎかもしれませんが、海外では保護者が先生とコミュニケーションをとるのは日本より簡単ではないようです。

それってどういうことなのでしょう?

日本の幼稚園や保育園では子どもを送迎している時など、先生と多少お話出来る時間がありますよね。

先生たちも出迎えてくれるため、「おはようございます」の挨拶から始まり、ちょっとした連絡事項や最近の様子など、簡単なコミュニケーションをとる光景が見られます。これが信頼関係を作るのにも一役買っているのです。

ところが、海外ではそんな光景はあまり見られないのだそうです。

子どもの登降園時に先生と保護者が話すことはほぼないそうで、よっぽど何か気になることがあるときには“保護者が先生を呼び止めるか、手紙を書いて時間を作ってもらうか”という選択になるようです。

日々のちょっとしたことを話す機会は日本に比べて圧倒的に少ないようです。

これは、お子さんを海外で育てられた方のお話で、インターナショナルスクールでも、現地校でも同じだったそうです。

日本と海外で保護者への対応がこんなに違うなんて面白いですね。

私が思うに、日本の幼稚園教諭や保育士は、『家庭(お父さんやお母さん)』に近い存在として保育をしているのに対して、海外では明確に『先生(学校のように)』と家庭とは遠い存在として接していることの違いが、このような光景に繋がるのではないかと思っています。

と、いってもこれは私の憶測ですが…

まだまだ、違いがある日本と海外の保育。

実際に海外の幼稚園、保育園で保育を学んで、より知識を深めていこうと改めて決意させるお話でした(*^^*)

みなさんも、『せかいく』で海外の保育を体験してみませんか?

 

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2015.05.21

Translate »