毎日子どもに愛情を伝えることはなぜ大切なのか。


おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『子どもの真の才能を発掘する』、才能発掘ハンターMasamiです。

先日、祖父が突然他界しました。

心不全でした。

”人間、いつ死ぬかわからない”

”毎日悔いのないように生きる”

”あれが最後の言葉だとは思わなかった・・・”

よく聴く言葉でしたが、本当にお別れって突然やってくるのだなぁと思いました。

あなたは子どもに何を伝えたいですか?

yjimageusk2b371

お腹にいるときや、生まれたばかりのころ。

「元気でいてさえくれればいい!」

と思っていた子どもへの感情が、子どもの成長とともに、

「あれもこれも出来るように」

「ここに入学できるように」

「何で出来ないの!?あなたのためにやっているのに!」

・・・とだんだんと変化していってしまう。

もちろん、子どもが大きくなってくれば、あれもこれも期待して、やらせてあげたいことも多くなってくるのはしかたのないことだとも思います。

ただ・・・それは本当に、”子どものため”でしょうか。

”あなたのため”ではありませんか?

もう聞き飽きているかもしれませんが、今子どもと話した、触れた、この瞬間が最後になるかもしれません。

そんな時、あなたは子どもに何を伝えますか?

きっと、「何で出来ないの!?」ではないはず。

ケンカしても叱ってもいいので、『あなたを愛してるよ!!』というメッセージは毎日ウザイくらい伝えてあげてくださいね。

それがどんなときも、子どもはもちろん、あなたのパワーや、悔いのない日々に繋がっていくと思うから。

子ども&あなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Translate »