海外からの視点!日本人には”アントレプレナーシップ”が足りない!


yjimage0s0goapx

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

”海外から日本がどのように思われているのか?”

という、海外からの視点を知ることは、日本人がグローバルに活躍するためのヒントにもなるため、とても重要です。

実は、今、「日本人にはこれが足りない!」と海外から思われている点があります。

それは・・・

スポンサーリンク

日本人には”アントプレナーシップ”が足りない!

yjimageXAFVPJZQ

”アントプレナーシップ”とは、起業家精神のことです。

これを簡単に、かつ子どもに置き換えていうと・・・

『やってみる!精神』

ということです。

日本人はとにかく失敗を恐れる国民性があります。

それは、これまで”正解を求める教育”をしてきたことも要因の1つ。

とにかく、「失敗したくない!人前でなんてさらに無理!恥ずかしい!」という思いを持っています。

また、”失敗した”ということを人に知られることも大嫌い。

”どうしても世間体を気にしてしまう”

という方も多くいます。

そもそも”失敗”って?

yjimagefolhyj3i

そもそも失敗って何でしょうか?

損をすること?

後悔すること?

やりたかったのにやらなかったこと?

失敗の定義は人それぞれ。

それなのに私たちは、「やってみて失敗するのは嫌/怖いから・・・」という理由で、やりたいことに踏み出せないことがほとんどです。

子どもは『やってみる!精神(アントプレナーシップ)』の達人!

yjimage7ic2259x

『私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、

うまく行かない方法を

見つけただけだ。』

と発明王エジソンは言っています。

”失敗かどうか”を決めるのは、他人や世間ではなく、自分自身です。

子どもは後先考えず、ただやりたいことをやっています。

その中で、「これはやらない方が良かったな、これはもっとこうしたらいいな」と様々なことを学んでいます。

いわば、人生の実験・実証・考察を遊びの中で自然としているのです。

そんな、幼少期の頃は、だれでももっていたアントプレナーシップ。

大人になるにつれ、だんだんと薄れてしまっていませんか?

子どもはアントプレナーシップの達人です。

それを、「またそんなことをして!」と止めてしまうと、せっかく子どもがもっていた”やる気の種”が枯れてしまい、やる気のない子、チャレンジ精神のない子に育ってしまいます。

幼少期には、どんどん子どものやりたいことを思いっきりやらせて、やってみる!精神を育てましょう。

(もちろん、他人に迷惑をかけることはNGですよね。)

それが、大人になってからグローバルで活躍する力にもなるのです。

もちろん、子どもだけではなく、現代の大人たちも同様です。

世間体が・・・立場が・・・ということを気にすることなく、やりたいことは思い切ってやってみましょう!

人生は一度きりしかないのですから。

やってみると、案外うまくいくものです。

今日から家族そろって『やってみる!精神』を鍛えましょう!

子どもとあなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »