”リデュース、リユース、リサイクル”を楽しく学べる英語絵本3選!


yjimageC5TEZ0O9

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

『地球に優しく、リデユース、リユース、リサイクル!』

・・・とは言っても、子どもに伝えるのにはちょっと難しい?

と思われている方。

「これは燃えるごみでこれは燃えないごみで・・・」

などと伝え、小さい頃から習慣づけるのは、地球にとってとてもやさしいこと。

しかし、”どんな風に伝えたらいいのかわからない!”という声も聞こえてきています。

そこで!今日は楽しくゴミの分別やリサイクルなどを学べるとっておきの絵本をご紹介します!

スポンサーリンク

1.ゴミの分別には・・・『What If Eveybody Did That?』

511qt3k12aL__SX258_BO1,204,203,200_

これはゴミの分別について描かれた絵本。

”もしみんながゴミの分別をしなかったらどうなる?”

ということを描いたものです。

誰もが一度は考えたことのある、「もし○○しなかったら/だったら・・・」が描かれているので、子どもたちもイメージしやすく、自然にゴミの分別を意識するようになること間違いなしです!

読み終わったあとは、ゴミが出たら一緒に分別してみましょう。

ゲーム感覚で行うことで、楽しみながら学ぶことができますよ♪

2.ゴミ収集車が大活躍!『TRASHY TOWN』

yjimage

ゴミ収集車とゴミを集める仕事をしているドライバー、Mr.Gillyが大活躍するお話!

様々なゴミを軽快に集めていく様子から、楽しみながらゴミ収集の仕事について学ぶことが出来ます!

3.リデュース、リユース、リサイクルについては・・・『Joseph Had a Little Overcoat』

Joseph_Had_a_Little_Overcoat

「リデュース、リユース、リサイクル」についてはこの絵本でとっても楽しく学ぶことができます!

これは、”Joseph(ジョセフ)が古くなったコートを様々なものにリメイクして大切に使っていく”というストーリー。

この絵本の楽しいところは歌がついていること!

ちょっと早口で難しいところもありますが、絵本と一緒に進めていくことで、”何をどうリメイクしていくのか?”をしっかり学ぶことができます。

絵本を読んだあとは、どんなものでも「リデュース、リユース、リサイクル」したいと言い出すかも!?

頭に残る軽快な音楽も魅力的です!

※上記動画では絵本の途中で終わっておりますので、音源を下記に載せておきます。

いかがでしたか?

いずれも子どもはもちろん、大人も楽しみながら学ぶことができるものばかりです!

絵本は私たちにとって様々なことを飽きることなく、楽しく教えてくれる”最高の教科書”!

価値観を広げ、未来への可能性を広げてくれること間違いなしです。

ぜひ家族みんなで楽しんでみてくださいね!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »