子どもの”ココロに響く”ことが一番!子どもは○○を探求するプロであれ!


240_f_118707206_0ap8gmycmqtpffo6ium2r0xytdue23fs

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

インターナショナルスクールでよく行われているのが『Show & Tell』

これは、人前で自分の好きなものやテーマにそったものを家から持ってきて、自分の思いや気持ち・考えを伝える習慣を身に付ける1つの方法として取り入れられています。

今日はそんなShow & Tellの中の1コマから、子どものココロに残るものについて考えていきます。

スポンサーリンク

楽しかった旅の思い出Show & Tell!!

16807502_1192860667501394_266713636612455616_n

先月、タイへ家族旅行に行ったAくん。

日本に帰ってきた次の登園日、”Good morning!”の挨拶の前に、”I got on the tuktuk!(トゥクトゥクに乗ったの!)”ととっても嬉しそうに話してくれました!

そんなAくんは先日、自分のShow & Tellにタイのことについて話をし、友だちやTeachersにもお土産をくれました。

Aくんはお家でどんな風にタイへの旅行について話をするのか、練習してきてくれたのですが・・・

”子どもは自分の楽しかった思い出や好きなことを探求するプロ”である。

yjimage17nsbw6i

みんなの前に座った途端、何を言ったらいいのかちょっぴり分からなくなってしまったようで、なかなか言葉が出てきません。

でも、”トゥクトゥク”についてと、”みんなにお土産がある”ということはしっかりと伝えてくれました!

大人としては、「あんなに家で練習してきたのに、ほぼ言えていなかった・・・」とちょっぴり残念に思うかもしれませんが、私からみれば、とっても良いShow & Tellでした!

なぜなら・・・

・Aくんのココロに深く残る、楽しい出来事を旅先で経験することが出来た。

・その一番楽しかった経験を、みんなに伝えることが出来た。

からです。

大人から見れば、”文章で練習してきたことをきちんと言ってほしい!”という思いがあるのも確かだと思います。

しかし、『子どもは自分の楽しかった思い出や好きなことを探求するプロ』です。

その分、他のことに対してはちょっと集中が薄れるかもしれませんが、それでいいのです。

好きなこと、楽しいことをとことん追求するからこそ、これから先の人生をどのように歩んでいくのか(どんな道で生きていくのか)の土台が作られていくのですから。

自分の興味の薄いものを押し付けられても、伸びることはありません。

大人でもそうですよね。

習い事に集中していない、きちんと話が出来ない・・・などと悩まなくても大丈夫。

親には集中していないように思えても、子ども自身は楽しんでいたり、モクモクと自分の好きなことを探求しているだけだったりするものです。

子どものココロに響く、”楽しい!好き!”という経験が、子ども自身を大きく羽ばたかせてくれます。

これからもどんどん、ココロに響く”楽しい!好き!”を見つけさせてあげてくださいね!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »