たった1つの好きなこと・得意なことを決めることが、すばらしい人生に繋がるのか?


yjimage17nsbw6i

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

先日、坪谷ニュウエル郁子さんのお話から、”働く”ということについて考えてきました。

過去記事:「”労働”は日本と欧米では異なっている!?それぞれのもつ、働く意味の違いとは? 」

今日は引き続き、坪谷さんのお話をもとに、”子どもがいつまでも輝く働き方” ”働く分野・やりたいことの見つけ方”という点について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

たった1つの一生続けられるような、好きなものを見つけるべきか?

yjimage

「働くなら、好きなことで楽しく働きたい!」

とは、誰もが思うところですよね。

だからこそ、自分の子どもたちにも、”働くことも含めて、楽しい人生を過ごしてほしい!”と思うところ。

そのためには、子どもが

・自分は何が好きなのか?

・何をやっていきたいのか?

という”好きなこと(=得意なこと、やりたいこと)”を見つけていくことが重要です。

自分が何が好きで、何がやりたいのかということは、幼少期から様々な経験をしてみないことには分かりません。

絵本や書物は子どもたちに実に多くのことを教えてくれますが、実際に体験してみることにはかなわないのです。

自分たちでやってみた経験こそ、子どもたちに”人生をどのように過ごしていきたいのか”という目標を抱かせることに繋がります。

ところで・・・

自分の好きなこと、得意なことは1つにしないといけないのでしょうか?

そして一生楽しく続けていられる1つのことを見つけないといけないのでしょうか?

1つに絞らなくてもいいのでは?その根拠とは・・・?

yjimageyzuvs2rr

「自分の人生はこれ1本に生きる!」

というものが見つかっている人は、どれくらいいるでしょうか?

もちろん、その好きなこと・得意なことが見つかっているということは素晴らしいことです。

就活の場面や起業の場面などでも、”自分の好きなこと・得意なことを極めることが大切”とよく言われています。

しかし・・・”たった1つの自分の好きなこと・得意なことが何かわからない”という方は結構いるのではないでしょうか?

実は私もその一人。

『ずっとこれ1本で行く!』と言えるほど、好きなもの・得意なものは何かと聞かれると・・・答えられません。

けれど、1本ではなくとも、やりたいことはたくさんあります。好きなこともたくさんあります。

ビジネスの観点から考えると、どうしても1つのことに絞らなきゃ!と思いがちですが、最近、

”好きなことややりたいことが分散していてもいいのではないか”

と思うようになりました。

それは、坪谷さんのこんな言葉を聞いたから。

いったいどんな言葉なのか・・・?

それは明日のお楽しみ。子どもの可能性を広げる言葉でもありましたので、楽しみにしていてくださいね!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »