熱が出たら水風呂に入れろ!?保険料100%のアメリカの3つの発熱事情!


yjimageb1kkpvko

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

昨日は、子どもが急に発熱した時に、緊急性があるかどうかの判断基準のお話をしました。

→『どうしよう!?子どもの急な発熱!緊急性があるかどうかを見極める方法。』

日本では、子どもが熱を出したり、具合が悪ければ、すぐに医療機関を受診することが出来ますよね。

しかし!保険のない国(=100%負担)では、医療費が高いため、日本ほど頻繁には受診できないということもあります。

また、病院に行っても日本のようにスムーズに診てもらえないことも・・・

今日は保険のない国の1つ、アメリカで、「子どもが発熱したらどのようなことになるのか?」をご紹介します。

スポンサーリンク

アメリカ事情その1:発熱から3日経過しないと、診てもらえない!?

why

アメリカでは、高熱が出ても、3日は様子をみないと、せっかく受診しても薬ももらえないというケースがあるそうです。

受診をするタイミングは、

・高熱3日目

・緑色の鼻水

・中耳炎で耳が痛くなる

などの症状がないといけないのだとか。

中耳炎になる前に受診させたいこちらとしては、なってから受診とはなんともモヤモヤする事態ですね。

アメリカ事情その2:熱が出たら水風呂に入れ!?

yjimage30z1xyqx

日本では、熱が出たときはなるべく温かくして、お風呂も遠慮する傾向にありますよね。

しかし、アメリカでは熱が出たら薄着になり、水風呂か水シャワーに入れろとお医者さんから言われるそうです!

これはなんとも衝撃的・・・

確かに、友人のアメリカ人のお子さんは、熱が出たときはおむつだけしか着ていませんでした。

”熱を発散させるために、薄着になるのが良い”という文化なのですね。

(さすがに寒い時には着せていましたが・・・)

水風呂・水シャワーは39度以上が数時間続いたら入れるように言われるそうです。

さすがに肺炎になりそうなので、実践する勇気は日本人にはなかなかでないと思われます・・・

アメリカ事情その3:熱は市販のカロナールを買って下げろ!

病院への受診が日本ほど気軽にできるわけではなく、行っても薬ももらえないアメリカ。

例え病院へ行っても、「”カロナール”を薬局で買って飲んでください。」と言われて終わりになることもあるのだとか。

(それでも治療費は100ドルかかる。)

日本では素人判断で薬を買って与えるのはちょっと抵抗がありますが、アメリカでは当たり前のようです。

医療に関しても国によって様々な文化がある!

yjimage2

いかがでしたか?

日本ではびっくりなアメリカの発熱事情。

医療に関しても、国によって様々な文化があるのですね。

小さいお子さんがいる方にとって、その国の医療事情を把握することは外せないもの。

海外に行くときは、現地がどのような医療体制になっているのか、事前に把握してみてくださいね!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.11.10

Translate »