『障害のある子は愛が大きい』:ファミリー・コンステレーションとは?


yjimage

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

先日、『あなたはわが子の死を願ったことがありますか?』という記事を書きました。

これは、重い障害のある子を育ててきた、佐々さんという方が書いた書籍を紹介した記事でした。

その記事を見て、友人がある動画を紹介してくれました。

また、その友人のお友達の体験も寄せてくれたのです。

今日は友人たちの許可を得て、体験や動画を紹介させていただきたいと思います。

スポンサーリンク

家族に障害をもつ方がいらっしゃるHさんの体験。

90l8c6082cc8eca905e

私には障害を持つ、私とおない歳の従兄弟がいます。

母も20年以上ある意味、障害者です。

「障害のある子は愛が大きい」

私はコンステレーションのワークで
これを実感しました。

本当にそうだと思います。

かつては、障害のある家族に、
自分に何ができるのか?と相手を変えることばかりに注目しては、

その思いが時に届いたり、時に空回りしたり、して、ちぐはぐだったわけですが、

コンステレーションで障害のある家族が持つ大きな「愛」を実感してから、

家族が障害という実践方法で表現する「愛」を尊重できるようになりました。

すると、私も、
「(障害のある)今はダメ」という
「判断(ジャッジ)」から離れて、
「愛」とともに家族と向き合えるように
最近なりました。

コンステレーションとは?

3d1f0aff4db1b607649485997b42a881

体験の中に出てくる「コンステレーション」とは、「ファミリー・コンステレーション」のことです。

コンステレーションという言葉は、「星座」をあらわしています。

ワークショップの参加者に家族の代理人を務めてもらい、代理人をワークショップ会場の中央スペースに配置し、その配置された形状が夜空の星座を思わせることから「コンステレーション」という言葉が使われるようになりました。

ワークの仕方は以下の通り。

『ワークショップは通常10人前後から数十人単位のグループで構成され、参加者の一人がクライアントとして自分の問題に働きかける機会を持ちます。
その働きかけるプロセスの介入の加減をはかる人をファシリテーターと呼びます。ファシリテーターにより人数はまちまちですが、ワークショップ1日に働きかけを受けるクライアントの数は4~5名程度。
参加者同士がお互いに、問題を抱えるクライアント本人の代理人や、その家族の代理人として立ち、相互に参加し合い、助け合う形式で行います。

代理人が立つ配置からクライアントの問題の原因を探し出し、それまでと異なる角度からの視点、視野を持つことを可能にし、クライアントが自分一人の努力では困難だった解放、安心、自分の能力を開花させるなどの可能性を広げます。』

ファミリー・コンステレーションは、新しい視点をもたらし、努力では解決できなかったことを可能にする力を自分の中に発見させることができるのです。

家族心理療法の可能性を大きく広げた、ドイツ人セラピスト:バート・ヘリンガー氏

Hさんの体験は、コンステレーションのワークに参加した感想、また、ドイツ人セラピストのバート・ヘリンガー氏の動画を見た感想でもあります。

短い動画ですので、ぜひご覧ください。

そして、障害をもつ子やご家族のことを考えるよいきっかけになってくれたらと思います。

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »