スティーブ・ジョブズやグーグルもやっている!○○を取り入れて、子どもの記憶力と集中力をアップさせちゃおう!


yjimage2q5zeeba

おはようございます。

乳幼児からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

今、世界中で話題の『最高の休息法』をご存知でしょうか?

せかいくでも、8月に記事にてご紹介しました。→「なんだかとっても疲れる・・・という親御さんへ贈る、『最高の休息法』!」

この記事では親御さんに向けの内容になっていますが、今回は”この『最高の休息法』が子どもたちの記憶力と集中力を伸ばす!”ということをご紹介したいと思います!

”集中力がなかなかなくて・・・”と感じられている方はぜひお試しあれ!

スポンサーリンク

『最高の休息法=瞑想!』

yjimagevxsxwvxu

世界が注目する最高の休息法、それは『瞑想』です。

”マインドフルネス”という言葉も使われていますが、マインドフルネスとは、瞑想の手法をベースにして「集中力」を高めたり、自分の気持ちをコントロールできるようにする、いわば“心の筋トレ” のこと。

瞑想をベースにしているので、日本人には”瞑想”と言った方が、馴染みやすいかもしれませんね。

瞑想が世界の学校で取り入れられている!

yjimage5xwpklat

この瞑想が、今、アメリカなどの学校の授業で取り入れられているのです!

実際、優れた天才教育を行う学校の1つとしても有名な、アメリカの”マハリシ・スクール”では、「たった30分のヨガと瞑想で、劇的な成績アップに成功した」とされています。

30分行わなくても、瞑想を1日10分、2回以上行う(難しければ1回でも大丈夫です。)ことで、脳疲労を取り、脳の感覚が研ぎ澄まされ、記憶力と集中力が高まるという結果が、日本の小・中学生でも出ています。

それだけではなく、発想力が豊かになるという結果も!

「小学生や幼稚園生には難しいのでは・・・?」

と思うかもしれませんが、朝や夜の静かな環境の中、

「周りの音に注目してごらん。どんな音がするかな?風はどんな風に感じるかな?匂いはどうかな?」

などと、感覚ゲームのように親子で楽しむと、あっという間に10分たってしまいますので、飽きることなく続けられる思います。

毎日の空気や季節の感覚を体で感じられるので、脳だけでもなく、心も体もリラックスして健康になること間違いなしです♪

※また、ただじっとしているだけではなく、体を動かしながら行うものもありますので、ヨガ感覚で楽しく続けられますよ!

ジョン・レノンやジョージ・ルーカスも取り入れている”瞑想”を生活の一部にして子どもの能力をより活かそう!

yjimagespujt2yb

ジョン・レノンやジョージ・ルーカスといった発想力豊かな世界のカリスマをはじめ、頭脳明晰なノーベル賞学者ブライアン・ジョセフソンなど、各界のリーダーが実践している『瞑想』。

アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズは、

「瞑想すると直感が花開く」

という言葉を残しています。

親子で1日10分、瞑想をして、脳も心も体も”最高”にし、”グローバル脳”を育てていきましょう!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »