季節の変わり目!親子で気をつけたい2大病、○○と○○にご注意を!


yjimage5eunj18c

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

季節外れの夏日になったり、冬が来たとおもうくらい寒かったりとせわしない今月。

季節の変わり目で体がついていかず、体調を崩しやすい時期ですよね。

さらにやっかいなことに・・・今年の風邪はなかなか治らない!!

熱が下がらず、一週間、二週間と幼稚園を休む子もおり、マイコプラズマ肺炎にかかってしまうことも・・・

今感染拡大中のマイコプラズマ肺炎とはいったいどんなものなのでしょう?

また、大人を悩ますのは扁桃腺炎!今日は親子で気を付けて欲しい2大病をご紹介します。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎とは?

yjimage5v0qa66x

マイコプラズマ肺炎とは、「肺炎マイコプラズマ」という細菌に感染することで起こる呼吸器の感染症です。

初期症状は、発熱や全身の倦怠(けんたい)感、頭痛、痰(たん)を伴わない咳などで、一見ただの風邪かな?と思われがち。

しかし、マイコプラズマ肺炎の特徴は、咳が徐々に強くなり、解熱後も3~4週間にわたって続く(長引く)こと。

また、今年は熱がなかなか引かないということも特徴の1つです。

毎年、晩秋から早春にかけての季節の変わり目に、幼稚園生~若い人たちを中心に患者数が増えています。

感染しても多くの人は気管支炎ですみ、軽い症状ですむのですが、中には肺炎となって重症化する方もいます。

今年は特に、肺炎になってしまう子どもたちが多いように感じています。また、子どもから菌をもらってお母さんがマイコプラズマ肺炎にかかってしまうということも。

お子さんの熱がなかなか下がらない、咳が長引いているという時には、マイコプラズマ肺炎を疑ってみましょう。

大人に急増!?扁桃腺炎とは?

2

風邪を引くと腫れてしまう扁桃腺。

扁桃腺が腫れると、のどがいたくて物を飲み込むのがつらいですよね。

その扁桃腺の腫れがひどくなってしまうのが扁桃腺炎。

口の中にいつもいる、「インフルエンザ菌」「溶血連鎖球菌」「肺炎球菌」「黄色ブドウ球菌」などの菌が、風邪や疲労、のどの乾燥などが引き金になって増殖し、ひどくなってしまうのです。

症状としては、40℃前後の発熱(微熱程度の場合もある)と全身倦怠感(けんたいかん)。

それに続いて、のどの痛みや耳の下から頸部にかけてのはれと痛み(頸部リンパ節炎)です。

扁桃腺が赤く腫れるだけではなく、膿を持ったり、激しい痛みを伴ったりすることも特徴の1つ。

そのため食事ができず、アメリカ人の友人は1週間で5kgも痩せてしまったとのことです!

また、のどが痛いと感じたら、耳鼻咽喉科を受診するのが早めに完治するコツ。すぐに耳鼻咽喉科へ行きましょうね!

感染予防には手洗い・うがい、たっぷりの睡眠と栄養満点のご飯!

yjimagekuk370vn

どちらも飛沫感染なので100%予防することは難しいかもしれませんが、体と心が元気ならウイルスをやっつけることができます!

そのためには、手洗い・うがいはもちろん、季節の野菜や栄養満点の食事をとって、たっぷりの睡眠をとることも大切。

ただでさえ、気温の変化に体が疲れていますので、普段より休養をとることを心がけて過ごしてくださいね。

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム 2016.10.26

Translate »