イタリアの子どもたちの生活を拝見!~ブラーノ島の子どもたち~


ブラーノwelcome

おはようございます。

乳幼児からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

海外に行くと、「子どもたちはいったいどのように過ごしているのかな?」

「日本の子どもたちと違う過ごし方をしているのかも・・・」

なんて思うことはありませんか?

そこで今日は、イタリア、ブラーノ島で見た子どもたちの夏休みの生活をご紹介します!

スポンサーリンク

ブラーノ島って?

0051-1024x663

ブラーノ島はヴェネツィアからヴァポレットという船に乗って約50分くらいのところにある小さな島。

その昔、漁師さんたちが濃い霧の中でも自分の家を間違えないように、家の外壁をカラフルに塗ったことで、

「まるでおもちゃ箱みたいだ!」

と言われている島です。

確かに、イタリアの強い日差しに照らされた家々はとってもカラフルで可愛く、どこも絵になる場所でした!

約2時間もあれば、島をぐるっと1周できるくらい、小さな島でもあります。

そこで過ごす子どもたちは・・・?

そんな島で暮らす子どもたちの様子を拝見させていただきました。

イタリアでは幼稚園の夏休みが約3か月くらいあります。

当然、私は訪問した時には幼稚園は夏休み。

そこで、子どもたちは自分たちなりに、工夫した夏休みを過ごしているようでした。

島唯一の公園はこんなとこ!

ブラーノ公園

島にある唯一の公園がここ。

ここには日中の暑い時間帯にも関わらず、島に住む子どもたちが元気に遊んでいました。

ママたちはママ友同士、子どもをあやしながらおしゃべりに興じている姿が見られ、日本とそう変わらない光景がありました。

イタリアは日差しはきついものの、日本のような湿気がないので、日陰に入ると風が気持ちよく感じられます。

そのため、クーラーはほとんどつけず、窓を開けて過ごしている家庭がほとんど!

この島でも、歩いているとテレビの声が聞こえたり、おばあちゃんが子どもをあやす声が聞こえたりと、島の人たちの生活を身近に感じることが出来ました。

お金の勉強!?子どもたちの小さなお店。

小道を歩いていると、家の前に小さなお店を開いている子どもたちがいました。

自分たちがもう使わないと判断したのでしょう、フリーマーケットのように、おもちゃや洋服、食器などが並べてありました。

(残念ながら写真は撮れなかったのですが・・・)

お手製の値札もあり、自分たちで店番をしながらお店を管理していました。

これもお金の勉強か!?夏休みを工夫して過ごしているのが垣間見れました。

このような光景、日本ではなかなか見られません。

夏休みのこのような経験が、子どもたちを大きく成長させるのです!

子どもたちの過ごし方にも注目すると、海外はより面白い!

いかがでしたか?

今回はイタリア、ブラーノ島に住む子どもたちの生活をご紹介しました。

風が気持ち良いこの島での生活は、きっと穏やかな子どもを育てるのだろうなぁと感じました。

海外では観光ももちろん楽しいですが、その国に住む人々・子どもたちがどのように生活しているのかにも注目すると、子育てのヒントなどをもらえて面白いですよ!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.09.05

Translate »