日本のパパ・ママたちは偉い!世界のお弁当はずばり、これ!


yjimageAD690VR4

おはようございます。

乳幼児からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

先日、せかいくでも夏休みをとってイタリアへ行ってきました。

そこでイタリア人のご家族はもちろん、バカンスでやってきたであろう海外のご家族に遭遇する機会がありました。

そこでみた海外のお弁当事情を今日はちょっぴりご紹介!

スポンサーリンク

ずばり、お弁当は列車の中で作る!

日本だと、列車の中で食べるお弁当は家から作っていくか、出来合のものを買っていくかの2択がほとんどですよね。

しかし!ある日、列車の中で見てしまったのです・・・!海外のお弁当事情を・・・!

それはお昼時の移動中に起こりました。

なにやらお隣にいるご家族がスーパーの袋をごそごそ・・・

出てきたのは

・パン

・生ハム

・チーズ

・ぶどう

でした。

いったい何が始まるのかと思いきや、なんとその場でパンを手で切って、間にハムやチーズを挟みだしたではありませんか!

これぞ即席、出来立てお弁当!!

デザートのぶどうは来ていた服でふきふきしてからお口へ・・・

日本でいえば、列車の中でおにぎりを握るようなもの!

日本ではこの光景はなかなか見られないだろうなぁと思い、とても新鮮でした!

海外ではとーっても簡単なお弁当が主流!

1ab5968b-s

 

海外でお弁当を持っていくというと、”パン1つとりんご1個”、”サンドイッチとフルーツ”など、本当に簡単なものが主流です。

しかも、それすらもお手伝いさんが用意するというご家庭もあるのだとか。

特に、遠足の時などはすべて捨てられるようにとさらに簡単なものになります。

海外のお弁当事情を知ると、「え!?これがお弁当!?」と思うくらい、日本人にとっては衝撃的なのです!

日本のパパ・ママは偉い!!

top-img

日本では、”キャラ弁を作ったり、可愛いお弁当を作ったりすることがすごい”と思われている風潮がありますが、決してそんなことはありません!

ご飯+数種類のおかずをいれるということが、すでにとってもすごいことなのです!

最近は「お弁当はお父さんが作る」というご家庭もあり、夫婦で子どもの”食”に取り組んでいるのを知ると、嬉しくなります。

忙しい中、毎日お子さんのために愛情のいっぱいのお弁当をありがとうございます♡

ご両親の愛情をたっぷり体に入れて、子どもの可能性は今日も無限大です!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.09.02

Translate »