社会みんなで子どもを育てる!~幼児教育者が見たイタリアの子育て環境~


E1408599972146_1

おはようございます。

乳幼児からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

今日も先日のイタリアで見た子どもを取り巻く環境についてご紹介します。

今回は、”日本ではなくなりつつあるなぁ・・・”という光景について。

みなさんは、自分のお子さんが他人から注意されたらイラッとしますか?

スポンサーリンク

それは列車の中で起った・・・

それは列車の中での出来事。

ある駅で、お母さんと男の子2人が乗り込んできました。

男の子は幼稚園の年長さんと年少さんくらい。

下の子はお母さんにくっついておとなしくしていましたが、上の子はなかなか落ち着けず・・・

席を立って歩き回っては、座席の取っ手をつかんで席を揺らしたり、大きな声でしゃべったり・・・

とにかく元気の良い男の子だったのです。

お母さんも時々声をかけるのですが、落ち着く様子はありませんでした。

すると・・・

車掌のお姉さんがその子を注意!

yjimage

「ぼく、お母さんはどこ?」

そう声をかけたのはなんと車掌のお姉さんでした!

そのお姉さんは休憩中でたまたまその車両の空いている座席に座っていたのでした。

(休憩時間をお客のいる車両で過ごすのも、日本ではなかなかない光景!)

男の子がお母さんのいる場所を示すと、

「きちんとお子さんを見ていてください。他のお客様にもご迷惑がかかるし、何よりお子さんが危険です。」

と毅然とした態度ではっきりお母さんに伝えていました!

もちろん、同じようなことを男の子にも伝えていましたよ!

表情がなかったのでちょっと怖いような印象も受けましたが、”社会のルールをきちんと教えているのだなぁ”と感心しました。

言われたお母さんも、素直に受け止めていました。

子どもには優しく、時には厳しく!?

日本でも、昔はいけないことや危ないことをしたら、知らない大人が叱ってくれたり、助けてくれたりしていましたよね。

しかし、現在では知らない大人に自分の子どもが叱られることを嫌がる親がいたり、すぐに手を差し伸べることで勘違いをされてしまったりすることもある時代になってしまいました。

『みんなで子どもを育てる』

ということのなんと難しい世の中か・・・

イタリアでは何度か列車に乗りましたが、みんな「子どもには優しく、時には厳しく!」というモットーなのか、知らない子にも注意する反面、子連れの家族を見るとすぐに席を譲るなどの優しさが見られていました。

治安の面に関しては、もちろん日本が一番ですが、イタリアではなんとなく、どこでも子どもたちに温かい目がそそがれているなぁと感じました。

”日本も社会全体で子どもを育てられるような環境を整えていかなくては!”と感じた出来事でした。

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.09.06

Translate »