朗報!『日本語が第一外国語』になった国がある!その国とは・・・○○!


yjimage

おはようございます。

乳幼児からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

みなさんは、「第一外国語」は何語が多いと思いますか?

いわずもがな、世界の共通語でもある「英語」ですよね。

しかし!

この度、日本語が第一外国語になった国があるのです!

その国とは・・・

ベトナムでは日本語が第一外国語に!

そう、その国とはベトナムです!

学ぶ対象は3年生以上。

今年の9月から試験的に、首都ハノイの三つの小学校に日本語学習クラスを2クラスずつ設置する予定です。

大使館によると、初等教育段階での日本語教育の導入は東南アジアで初めてとのこと。

ベトナムでは既に一部の中学校で日本語教育を実施していましたが、日本との経済関係などの強化を受けて、初等教育への拡大を目指すことになったそうです。

ただ、教員の確保などの課題はまだあり、どちらかというと、”英語と同等”というよりも、政治的メッセージが強いのかもしれません。

しかし、日本語が他国で第一外国語として学ばれるなんて、嬉しいですよね!

なぜ、日本語が第一外国語に?

ではなぜ、日本語を第一外国語にするという思いきったことを行ったのでしょう?

それは・・・「東南アジアは全体的に外国語教育が盛ん+ベトナムは親日国だから」!

そもそも東南アジアは全体的に外国語教育が盛んで、小学校レベルから外国語を勉強するのは特別なことではなく普通なことと捉えられています。

そのため、つい最近小学校で英語の教育を始めた日本と比べると、外国語教育に非常に熱心でもあります。

その理由として、東南アジア全体はまだ途上国と言われるところであるため、”積極的に外資を呼び込まないと食べていけない”という事情があるからです。

また、東南アジア全体として、特にタイ、インドネシア、ベトナムなどで日本の文化が非常に流行っている=親日であるという背景もあります。

留学生の数や日本がベトナムにどれほど投資をしているかなどの具体的な数字は省きますが、日本語はベトナムにおいて経済的に重要な言語になっていることは確かです。

そのため、今回、日本語がベトナムで第一外国語に取り入れられることになったのです。

どんな人も受け入れる大きな器を!

ベトナムで日本語が第一外国語として学ばれることになると、当然日本にもたくさんの外国人留学生などがやってくることが予想されます。

その時に、たどたどしい日本語を話すからといって、仲間はずれやバカにしたような態度をとるのはもっての他ですよね。

今後、日本にも今よりも多くの外国人の方がこられることもあります。

その時に、狭い視野で接するのではなく、どんな人・価値観も受け入れる大きな器が必要です。

乳幼児期から様々な人・体験と出会い、器を大きくしていきましょうね!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Translate »