授業参観でのお悩み!「うちの子、大丈夫ですか?」


yjimageXGAPAOGJ

おはようございます。

乳幼児からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

この時期、幼稚園などでは授業参観を行うところが多いかと思います。

そのあと、個人面談を行うと、保護者の方から必ずでるお悩みが、「うちの子大丈夫ですか?」というもの。

「ぜんぜん集中してなかった・・・」

「変なことしてましたよね・・・」

「うちの子何もしてなかった・・・」

実はそれらのお悩み、全然気にしなくて大丈夫なのです!

スポンサーリンク

授業参観時の姿は子どもの本来の姿ではないと心得よ!

なぜ、授業参観の時の様子を気にしなくていいのか?

それは・・・その時の様子は普段の子どもの様子とは違うから!

特に、授業参観を初めて経験する年少さんならなおのこと。

普段はしっかりできていても、

”大好きなお母さんやお父さんが幼稚園に見にきている!”

ということで、緊張したり、嬉しくて興奮したり・・・

もちろん、普段と同じ姿ではいられません!

それが、モジモジしたり、集中できなかったりという様子に繋がるのです。

これは年少さんだけではなく、年長になっても同じです。

運動会や発表会など、正直、”本番より練習の方が上手にできていた・・・!”と思う場面は多々ありました。

それくらい、子どもにとっては親御さんが見に来てくれる日は特別な日。

いつもと違った様子が見られるのは当たり前なのです。

心配な面はきちんと担任からもシェアがある!

そうはいっても、親が見に来られる機会は限られているからこそ、実際に目にする姿が落ち着きがないものだったり、ふざけていたりするものだったりすると、「大丈夫なのかな?」と心配になりますよね。

しかし、園で本当に気になる姿が見られたら、担任の方から事前にご相談させていただくことが多いものです。

それを踏まえ、個人面談などでその後の様子や現在の状況などをお伝えしていますので、授業参観の時の様子はそれほど気にしなくてOKです。

もし、家でも気になる姿が園でも見られた時には、担任に相談してみましょう。

授業参観後は、たくさん褒めてあげよう!

授業参観は、普段は見られない、園での子どもたちの姿を見られるチャンス。

しかし、”ちゃんとやって欲しい!”という過度な期待を持つのはNGです。

前述したように、子どもたちは親御さんが見に来てくれていることで、嬉しさや恥ずかしさを感じながらその日を過ごしています。

授業参観の時には、”きっといつもとちょっと違うのだろうな”くらいに構えて見に行くことをお勧めします。

そして、参観後にはどんな姿を見せてくれたとしても、「頑張ったね!」「すごかったよ!」「素敵な姿を見せてくれたありがとう!」などと、たくさん褒めてあげましょう。

大人でも、大勢の人の前では緊張します。

その状態で、一日、あるいは数時間頑張ってくれたのですから。

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム 2016.07.06

Translate »