お悩み相談:ついにやってきた、子どもの『食べむら!』いったいどうすればいいの?


yjimage

おはようございます。

乳幼児から心が震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

今回のお悩み相談は『食べむら』

「今まではなんでも食べていたのに、急に食べてくれなくなった・・・」

「甘いものばかり欲しがるようになった・・・」

など、子どもには様々な食の問題がやってきます。

食べむらにどう立ち向かうか?

いざ、解決の道へ!

食べむらや遊び食べは子どもの本能からくる!?

食べむらや遊び食べをされると、親としては「栄養が偏ってしまうのではないか」、「大きくならないのでは・・・」と心配になりますよね。

その心配がついついイライラに変わってしまい、「どうして食べないの!!」と感じてしまうことも・・・

しかし、実は食べむらや遊び食べは、生活習慣と食事環境の見直しで改善する場合が多いのです。

なぜなら、『子どもは本能に従って食べ物を食べているから』です。

子どもは大人と違い、お腹が空いていなければ食べません。あまりお腹が空いていないときに、”遊びたい”と感じるような環境があれば、食そっちのけで遊び始めます。

体が必要とする食べ物・時を本能で分かっているのです。

しかし、そこで甘いものや添加物ばかりの食べ物だと、食のリズムが狂ってしまうことに・・・

食べむら、遊び食べ解決への5つの道!

では、いよいよそんな子どもの正しい食のリズムを取り戻すための5つの道をご紹介します!

道その1. 早寝早起きで生活リズムを整える!

生活リズムを整えることは食のリズムを整えることでもあります。

道その2. おやつは”軽食”!なるべく時間を決めて、食べ過ぎないよう臨機応変に!

子どものおやつは『Sweetsではなく、軽食』です。甘いものをあげるための時間ではないのですね。

昨今、白砂糖の弊害はよく聞くところ。和食は煮物などでお砂糖を使う機会も多いので、甘いものは子どものおやつにはあまり適しません。

自然の甘みである果物や、おにぎりなどの、”軽い食事”を出してあげましょう。

また、夕食に影響が出ないよう、その時の子どもの空腹具合によって調整を。

「もっと食べたい!」と言ったら、そのまま与えるのでなく、いつもより夕食の時間を早めるなどをして調整してみましょう。

道その3. 食事中は食事に集中できる環境を!テレビは消しておもちゃはご飯前にしっかり片付ける!

食事中に気が散るものが周りにあると、食事に集中できず、だらだらといつまでも食べたり、遊び食べの原因に・・・

テレビは消して、食事をする前には、おもちゃなどはすべてきちんと片付ける習慣をつけましょう。

食事の集中だけではなく、整理整頓・集中して物事に取り組む習慣がつきますよ!

道その4. 体をいっぱい使った遊びを!

たくさん遊べばその分お腹も空くのが人間です。たくさん遊んで動いてモリモリ食べることは、健康な体づくりにも繋がります!

道その5. 盛り付けを工夫したり、一緒に作ったりする機会を!

子どもは普段は食べない、苦手なものでも、自分で育てたり、調理をすることで食べられるようになったりします。

また、視覚的要素も食を楽しむのには重要です。

お手伝いを積極的にさせる機会を増やしたり、盛り付けに工夫をしてみましょう。

無理強いやダラダラ食べはNG!

いかがでしたか?

この5つの道を上手く活用して、子どもの食べむらや遊び食べに立ち向かって(!?)みてくださいね。

ただし!無理強いなどはNG。

”食事は楽しいもの”でなければ、子どもは食事の場がストレスになってしまい、余計に食べてくれなくなります。

長時間食べる”ダラダラ食べ”も、そのままにしていると遊び食べに移行していきますので、思い切って切り上げることも重要です。

あまりにも食べる量が少なく、成長が止まってしまっているような場合は別として、ちゃんと身長や体重も増えていて元気であれば、多少の遊び食べや食べむらは気にしない。

”食べないときはそういう気分の日なのかな”と割り切ることも大切です。

また、家では食べむらがあっても、園では完食しているという子も少なくはありませんので、”園で栄養を取っている!”と思えば少しは安心しませんか?

(ただし、それに甘えて家では好きなものを好きなだけ・・・はNGです!)

多くは就学前には落ち着いてきますので、焦らずに取り組んでみて下さいね。

こどもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Category 専門家コラム . 食育 2016.05.13

Translate »