「幼稚園に行きたくない!」親がとるべき5つの対応とは??


yjimage

先週のGWを終え、”なんだか仕事に行きたくない・・・”と5月病になってしまう方もいらっしゃると思いますが・・・

実は、現代では5月病が低年齢化し、幼稚園や小学校の子どもにも症状がみられているのです!

また、5月病ではなくとも、4月から入園した年少さんや年中さんは、家を出ると涙が止まらない・・・ということもありますよね。

でも、幼稚園では「元気に遊んでいますよ」との声。

いったい、出掛ける時にはどんなことに気を付けたらいいの!?

今日は子どもが元気に登園するために、ご家庭で行ってほしい5つのコツを伝授します!

スポンサーリンク

子どもを笑顔で送り出す!今日から実践してほしい5つのこと

その1. 体調Check

「幼稚園に行きたくない!」

と言われたら、まずは体調を確認してみましょう。

子どもは痛い、苦しいなど体の変化をうまく伝えられないものです。

”また言ってる・・・”と思わずに、面倒でも毎回チェックしてあげましょう。

それだけでも、”自分のことを気にかけてくれてる!”と子どもは嬉しくなり、安心するものです。

その2. 親は常にニコニコ笑顔!

朝は元気に過ごしていたのに、登園準備をするとぐずりだす子もいますよね。

そんな時、親が”また始まってしまった!”と焦ったり、”そろそろぐずっちゃうかな・・・”と不安になったりすると、その気持ちは子どもにも伝染してしまいます。

そうなるともちろん、期待通り(?)に子どもがぐずってしまいます。

子どもが安心して登園できるよう、親はどーんと構えて常に笑顔で、楽しそうにしていましょう。

もし泣いてしまったら、好きなものを見せるなどをして、一度、子どもの気持ちを園からそらすのも効果的。

親がおたおたしないように気をつけましょう。

子どもにとって、『親の顔を見る=安全確認』なのですから。

その3. ”頑張ってね”ではなく、”楽しんでね!”

「頑張ってね!すぐにお迎えに来るからね!」

と別れ際に声をかける親御さんがいますが・・・子どもは慣れない環境のなかで、毎日とても頑張っています。

”頑張ってね!”ではなく、”いってらっしゃい!””楽しんでね!”などと言う言葉を笑顔でかけてあげる方が、子どもにとってはパワーをもらえる『魔法の言葉』なのです。

その4. 休日は幼稚園や保育園の話はあまりしない!

早く園に慣れてもらいたいという気持ちから、子どもが帰ってきたあと、休日などに園の話をする親御さんも多いかと思います。

子どもたちの方から話をしてくれるならいいですが、話さないからといって無理に聞き出したり、話しかけたりするのは今は控えましょう。

特に休日は、慣れない集団生活の場で思うようにいかないストレスなどを、親に甘えてゆっくり癒される日。

園のことはスッパリ忘れて、子どもがリフレッシュできるようにしてあげましょう。

このような過ごし方が、週明けの登園日の頑張る糧にもなるのです。

その5. 登園したらすぐ退散!

朝は泣いていても、登園後はケロッと過ごしていることが多いもの。

ここでいつまでも親が心配して離れられないでいると、子どもも気持ちを切り替えるのに時間がかかり、スムーズに過ごせないことになってしまいます。

登園したら、どんなに泣いていても、先生に任せてしまって大丈夫!私たちはプロですので、安心して任せてください!

子どもが楽しい園生活を送るためにも、親はさっと退散してあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?

子どもがなかなか朝泣き止まないからと言って、焦らないでくださいね。

子どもの成長は十人十色。泣いていない子も、慣れるまでには時間がかかるのは一緒。

毎日頑張って過ごしているのです。

その頑張りを認め、帰ってきた時には思いっきり抱きしめてあげて下さいね!

子どもの可能性は無限大!

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »