無理して頑張ってない?あなたの活躍する場は世界中にあることを知れ!


yjimage

おはようございます。

乳幼児から心が震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

みなさんは、

「自分はあまりここにそぐわない気がする・・・」

などと思ったことはありますか?

「合わない気がするけど、仲間はずれにされたくないから頑張る!」

という方に、今日は、自分の国が合わないと感じ、日本に来たアメリカ人女性の話をご紹介します。

スポンサーリンク

アメリカは自分には合わないと感じたアメリカ人女性

アメリカ人女性Eさんの故郷はカリフォルニア。

カリフォルニアで育ったEさんですが、自分には合わないと感じ、日本にやってきました。

なぜそのように感じたのかというと・・・『自己主張が強いから』

Eさん曰く、アメリカ人は日本人が思っているよりも、自己主張がすごく強いのだそうです。

周囲のことことよりも、”自分が自分が”という人々が多く、そんな周囲に比べて自己主張があまり強くなく、日本人のように周囲のことまで考えるEさんにとって、カリフォルニアでの生活はそれほど好ましくはなかったそう。

そのため、”自分の活躍する場はここではない!”と感じ、日本にやってきたそうです。

日本に来た感想は・・・?

そんなEさんが日本で生活していた感想は・・・『とても自分に合っている!』でした。

自己主張をしすぎることもなく、周囲のことや気持ちを考えながら生活する日本の文化、暮らしがEさんにはとても合っていたようです。

Eさんは現在、私の職場で一緒に働いていますが、とても気が利いて責任感のある、素敵な女性です。

考え方も日本人のようで、こんな言い方をしては変ですが、日本人で生まれ育ったと言っても何も問題がないくらいです。

”本当に日本が合っているのだろうなぁ・・・”

と感じます。

目に見える場所だけが居場所じゃない!

「絶対にこの場所になじまなくちゃ!」

「ここに居場所を作らなきゃ!」

と考えているみなさん。

目に見える場所、自分の近くの場所だけが、あなたの居場所ではありません。

Eさんのように、海を渡ったところに、自分に一番適した場所があるかもしれません。

それは大人も子どもも同じです。

今を生きる子どもたちこそ、一番適した場所、活躍する場は日本ではなく、世界に存在しているのかもしれません。

今いる場所に固執して、無理して頑張りすぎないでほしいと思います。

子どもの可能性は場所を問わず、無限大にあるのですから。

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.05.11

Translate »