英語を学ばせたいなら1歳までに○○を聞け!?


yjimage0LWPO482

先日、あるテレビ番組をみて「へー!」と思った出来事がありました。

それは、『英語を子どもに話して欲しいと思うのなら(英語を学ばせたいなら)、0歳から1歳までに○○を聞かせると良い』というものでした。

その○○とは…

スポンサーリンク

0歳からクラシックを聞かせるべし!

その答えは、英語の曲ではなくなんと『クラシック』

胎教には良いなどという話は聞いたことはあっても、英語にも良いなんて初耳だった私は「そうなんだー!」と思ったのです。

なぜクラシックなのか?

ではなぜ、この時期にクラシックなのでしょうか?

人間は生まれてから一定の期間まで、「音」を聞き分ける、身につける訓練をしているのだそうです。

その期間が0歳からだいたい1歳までと言われているため、その時期に聞かせるといいということですね。

ではなぜクラシックなのかというと…

『英語と周波数が似ているから』

なのだそうです!

英語の周波数はだいたい2000~1万2000ヘルツくらい。

その周波数とクラシックの周波数はよく似ているのですね。

そのため、クラシックを聞いていると、自然に英語の音も聞き分けられるようになるといいます。

他の言語は?

では、英語だけではなく他の言語はどうなのでしょう?

クラシックを聞かせれば、他の言語の音も聞き分けられるのでしょうか?

残念ながら、そうはいかないようです。

なぜなら、他言語の周波数は英語とは違うからです。

例えば…

スペイン語…125ヘルツ~500ヘルツ

ドイツ語…125ヘルツ~3000ヘルツ

フランス語…1000ヘルツ~2000ヘルツ

イタリア語…2000ヘルツ~4000ヘルツ

ロシア語…125ヘルツ~8000ヘルツ

ちなみに日本語は125ヘルツ~1500ヘルツ

このようになります。

英語とクラシックの周波数が似ているのなら、英語の周波数と違う言語は、クラシックを聞いていても音が聞き分けられないというとになります。

まとめ

いかがでしたか?

クラシックを聞くことで、どこまで音を聞き分ける力がつくのかは、正直はっきりとはわからないもの。

けれど、1つの考えとして頭にいれておくと面白いかもしれませんね。

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム . 発達 2016.01.21

Translate »