いただいたお土産にびっくり!外国人は、なぜ驚いたのか?


yjimageGJR1WW0H

冬休みも終わり、いよいよ今年度最後の学期が始まって約1週間ほどたちました。

冬休みの間に様々なところに行ってきた子どもたちから、お土産をいただいた方もいらっしゃると思います。

そのいただいたお土産の中に、外国人がとってもびっくりすることがありました。

いったい何に驚いていたのでしょう?

スポンサーリンク

ネイティブ:「これってセクハラじゃないの!?」

そのお土産を見た途端、明らかに”え・・・”という顔をしたアメリカ人の先生。

そして一言・・・「なんでこれを持ってきたの?」

私は何のことか分かりませんでした。

が、確かにそのお土産は戸惑うこともあるかもしれないなと感じました。

その子が持ってきたお土産とは、沖縄に行ったときに購入してくれたもの。

そして名前が・・・「ちんこすこう」。

子宝に恵まれるということで、パッケージには男の子が全裸で描かれており(もちろん下半身も。)、中身のちんすこうの形も、

男性器を模したものになっていました。

日本人なら笑ってすませられるけど・・・

これを見たとき、あなたならどう思うでしょうか?

もし、仲の良い友人にいただいたら、大笑いするかもしれませんね。

現に、保護者の人となりを知っている日本人や先生たちは、大笑い。

「○○さん、本当に面白いよね~」で済みます。

しかし、それでは済まない時もあります。

「日本ではこーゆーのはいいの?もし私の国(アメリカ)だったら、先生に対してのセクハラ?って思っちゃう!」と、女の先生が言っていたように、文化の違いによって驚いたり、もしくは不快に思ったりする方もいるのです。

(この先生は怒っているわけではなく、単純に自分の国では見られない光景に、驚いていました。)

アメリカではドラえもんにも規制がある!

実は、日本では当たり前に放送され、特に問題ないだろうと日本人が思うものにも、国によっては”ダメ”とされている国があるのです。

その1つがアメリカ。

アメリカでは「クレヨンしんちゃん」はお尻を出す場面などがあるため放送禁止、ドラえもんにも規制があり、しずかちゃんがお風呂に入っているシーンや、ジャイアンがのび太をぶつシーンなどはカットされています。

このように日本のアニメが何かしらの規制をかけられている国は、アメリカ以外にもあります。

日本ではどちらも何の規制もなく放送されていることを考えると、文化的価値観・考え方が違うのだなと実感しますよね。

お土産は相手を考えて選ぼう!

日本には日本の、他の国には他の国の考え方があります。

お土産やプレゼントはもちろん相手のことを考えて選んでいるかと思いますが、海外の方に贈る時には特に、気を遣うことが必要かもしれません。

お互いに気持ちよく贈ったり、贈られたりしたいですね♪

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.01.19

Translate »