開催!国際交流+昆虫食BBQ!


 

1007hoken-01

8月9日の日曜日、共同主催であるWorld Nature プログラムで企画していたイベント、『国際交流BBQ』を開催致しました。

今回の参加者は、ベトナム、中国、日本と3か国の人たちが集まり、濃厚な(!?)楽しい時間を過ごすことができました(*^_^*)

3か国語が入り混じる現場!

さて、交流会はBBQの準備をしながらスタート。

中国語・ベトナム語の「こんにちは~」から始まり、待ちきれず、お肉が焼ける前からベトナム語で『カンパーイ!』をしました。

みなさん日本語が堪能で、中には日本に来てから約5ヶ月、日本語は趣味で覚えたという方もおり、そのバイタリティに感服しました!

昆虫食にもトライ!

今回、BBQ以外に、せかいくにもある、「未知の世界を体験する」というコンセプトを元に、昆虫食にもチャレンジしました!

昆虫食は、貴重なたんぱく源として海外でよく食べられている国もあり、最近は日本でも注目されています。

チャレンジしたのは「蜂の子」「イナゴ」「かいこ」の3種類。

20150809_112034

20150809_112238

昆虫が登場した瞬間、外国の方からは…『これよく食べてた~!』という反応。

「セミも食べると美味しいよ!」

「捕まえたら油に入れて素揚げで食べるよ」

などなど、日本人にとってはなんとも頼もしいお言葉…

私は食べるのがはじめてなので、興味はありつつも、恐る恐る食べてみました。

すると…思っていたより美味しい!

特にイナゴは本当に佃煮そのもので、抵抗なく食べられました。

1番癖があったのは“かいこ”。

少々苦味がありました。

子どもたちもトライ!

今回、私たちのグループには親子連れの方はいらっしゃらなかったのですが、外国人の方が、近くの親子グループと仲良くなり、昆虫食にトライしてもらいました。

結果は…

年齢が小さい子ほど抵抗がない!

ということです。

特に不味いということもなく、3種類すべて食べてくれました。

逆に、年長さんくらいになると、『虫』ということがわかり引っ掛かるのか、興味はあっても、食べてはもらえませんでした。

同じ幼児期でも数年の違いは大きいなぁと、改めて実感した出来事でした。

しかし親御さんは興味津々で、みなさん昆虫食を体験してくれました!

少しでも未知の世界、異文化を楽しんでくれて良かったです(*^^*)

プチ世界体験!

今回、短い時間ではありましたが、その国の話や外国人の考え方などに触れることができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。

『一緒にBBQをする=何かを作る』

という経験を通して、お互いの距離もグッと縮まりました。

仲良くなった子どもたちも楽しんでくれたようで 、“プチ世界体験”をすることができました!

“実際に外国人と交流をして、異文化を知り、体験する…”

このような機会があることは、子どもにとっても大人にとっても有意義なことだと感じ、せかいくでも、これからたくさん、このようなイベントを開催していきたいと思いました。

次回の国際交流会をお楽しみに!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2015.08.12

Translate »