血液型占いは日本だけ!?海外の血液型事情とは?


yjimage

皆さんは、自分の血液型が何型だかご存知ですか?

日本では、自分の血液型を子どもの頃から、大半の人が知っていることかと思います。

その血液型を基に、『血液型占い』なども盛んに行われていますよね。

けれど、海外の人は自分の血液型を知らない人が多いのです。

今日はそんな血液型に関しての海外事情をお伝えします!

スポンサーリンク

日本は血液型のバランスが良い国!

日本では血液型を知ることは「普通」としていますよね。

むしろ、知らない方が珍しい。

保育園や、幼稚園の名札などでも、血液型を記入する欄があり、小さいころから親しみのあるものだと分かります。

そんな背景には・・・日本が「世界の中でも血液型のバランスが良いから」という理由があるのかもしれません。

日本のABO式血液型のバランスは、大まかに言うと・・・

A:40%、O:30%、B:20%、AB:10%

になっています。これは、上記でも述べたように、世界的に見ても、とってもバランスの良い数字なのです。

海外の血液型バランスはあまり良くない!

そんな日本に対して、海外の血液型バランスはあまり良くありません。

具体的にはどのようになっているかというと・・・

・純ブラジル人やペルー人は100%がO型(混血は除く)

・インド人はB型が多い

・アメリカにはO型が多く、BとABは合わせても15%くらいしかいない

・世界的にはO型が一番多い

・ヨーロッパはほとんどの国がO型とA型

などなど・・・とても偏りがあるのが”世界では普通”なのです。

血液型を聞くのは非常識!

血液型分布に偏りがある海外では、病院で検査する必要でもない限り、自分の血液型を知らないことが多いです。

そのため、私たちが普通に、「血液型はなんですか?」なんて聞くと、「えっ! 病院でもないのに?」となりかねません。

また、とってもプライベートな質問と解釈されることが多いため、失礼にあたることも。

イギリスのBBCニュースでは、日本人が朝から血液型占いをテレビで放送していたり、血液型で相性を判断したりすることについて、

「信じられない! 差別だ」と報道したこともあるくらいなのです。

海外の人に、血液型を聞くのは控えた方が無難です。

血液型に変わってポピュラーなのは・・・星座!

そんな海外の占いでポピュラーなものとは、『星座占い』です。

これなら分布のバランスが悪いということもありませんよね。

新聞などにも、普通に星座占いが載っているようです。

コミュニケーションとして尋ねるのなら、ぜひ、星座にしてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

日本で血液型占いが出来るのは、分布のバランスがとても良いからだったのですね。

それとは逆に、分布のバランスが悪い海外では、そもそも占い自体が成り立たない。

日本では当たり前と思っていることでも、調べてみると違いがあって、面白いですよね。

今回、海外へ出る時に気を付けたいと感じたことは、”日本で血液型を聞くのは一般的でも、海外の人にとってはタブー”ということ。

海外の人と出会った時にも、ぜひ気を付けましょう。

そんな海外では具体的にどのような分布になっているのか?

参考になる面白い記事を紹介しますので、ぜひご覧ください(*^_^*)

世界の血液型とその分布を知ろう!

まるわかり!世界の人々の国別血液型

 

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2015.07.27

Translate »