あ~夏休み♪世界の夏休みはなんと大人も○か月!


illust2043

さて、いよいよ夏休みが始まりますね!

子どもたちはウキウキ、大人はどこにいこうか・・・と考えているかもしれません。

日本では、7月下旬から夏休みを迎えることが多いですが、海外では早いところでは、6月から夏休み!というところもあるのです!

では、そんな長~い休みがある子どもたちが、どんな風に夏を過ごすのか?大人たちは?

今日は海外の夏休みの過ごし方をご紹介します!

スポンサーリンク

ヨーロッパの夏休みはまるまる2か月!?

日本の子どもたちも、1か月ちょっとはある夏休み。

けれど、ヨーロッパではなんと約2か月夏休みがあるところが多いのだとか。

そして、なんと、大人たちも平均すると約1か月の夏休みをとれるのです!

なんてうらやましい!

毎年夏にどこに行こうかと計画をし、それを楽しみに働いている人たちが多いようです。

そのため、実際に夏を迎えると、一斉に人々がいなくなり、店も休業のところが多くなります。

フランスではパン屋の半数が空いておらず、自動車の生産は半分以下に、公共事業に至ってはなんと80%がストップしてしまうのです!

クリスマス休暇もそうですが、休みの時期に観光にいくと本当に大変。

そもそも空いているお店が少ないので、何を買うにも探し回ります。

観光地も閉まることが多いので、せっかく行っても閉まっていて見られなかったなんてことも・・・

「みんなが休みの時こそ稼ぎ時!」の日本とはまったく違います。

フランスでは、「8月は誰も働かない日」と言われるように、

みんなが休みのときは、みんな(店も観光地も)お休み」というのがヨーロッパなのでしょうね。

長い夏をどこで過ごす!?

では、みなさんどこで夏を過ごすのでしょうか?

みんながこぞって向かう場所は・・・ずばり、『太陽と海があるところ』です!

イギリスやドイツ、フランスなどの人たちは「夏」を楽しみに、太陽と海があるところに向かいます。

人気の場所はなんといっても南イタリアやスペイン!

あつ~い太陽を求めてみんなで大移動することが多いのです。

旅行(移動した)先ですることは・・・

太陽を求めたあとにすることといえば・・・『何もしない』のがヨーロッパ流。

日本人は旅行に行っても、「せっかくきたのだからアレとコレを見て…」と忙しく計画を立てますが、海外の人たちにとっては、

旅行=のんびりすること

何もせずにゴロゴロしたり、太陽と海のもと、のんびり昼寝をしたり・・・ということが一般的です。

なんてすてきな休日でしょう!

でも・・・子どもたちとっては飽きてしまうのかも?

子どもたちがどのように過ごしているのかは、また次回お伝えします!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2015.07.19

Translate »