子どもの視力ってどのくらい?気になる子どもの目の発達!Vol.1


image2

産まれたばかりの赤ちゃんは、目がほとんど見えていないというのは有名な話ですよね。

では、実際にどのくらい見えているのかご存知でしょうか?

また、遠視や弱視などでメガネをかけている子どももいますが、家庭で発見できるしぐさはあるのでしょうか?

また、テレビを見ると視力が悪くなるのでしょうか?

今日は、気になる子どもの目の発達についてご紹介します。

スポンサーリンク

乳幼児の目が大人と同じように見えるまでには8年かかる!?

さて、上記に述べたように、産まれたばかりの赤ちゃんは目がほとんど見えていません。

では、具体的な視力はどのくらいなのでしょうか?

・生後1ヶ月・・・目の前で手を振るのが分かる
・生後3ヶ月・・・視力0.01~0.02(形や色が分かる)
・生後6ヶ月・・・視力0.04~0.08(動く物を持って目を動かせる)
・1歳・・・視力0.1~0.25
・2歳・・・視力0.5~0.6
・3~5歳・・・大部分が視力1.0に発達
・8歳前後で大人と同じ程度の視力に

※専門家によっては多少の幅があります。

乳幼児期の目の視力は、このようになっていきます。

目の悪い私としては、1.0まで発達する3~5歳でもう十分大人と同じだと感じますが、視力以外の目の発達も含めて8歳ということなのでしょう。

生まれてから6才くらいまでが視覚発達期!

私たちは、情報や知識の80%を目から得ていると言われています。

生まれてから6才くらいまでの時期を視覚発達期といい、脳の発育とともにさまざまな視機能が発達する、とても重要な時期になります。

この機能が発達する幼年期の視力はとても大切!

しっかりと物を見る力を育てる必要があります。この時期に、しっかり見る力を育てておかないと大人になって深刻な問題に繋がることがあるようです。

いろいろなものを見ることで、”目からの刺激を脳が正しく理解できる”よう気をつけてあげたいですね。

次回は気を付けたい子どものしぐさとテレビの関係について!

さて、子どもがどのくらいの視力を持つのか、知っていただけましたか?

少し長くなってしまいそうですので、視力とテレビの関係、気を付けたい子どものしぐさなどについてはまた次回お伝え致します!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム . 発達 2015.07.13

Translate »