食育を考える。『ジェイミーのスクールディナー』


さて、6月は食育月間ということで、今日も昨日に引き続き食育のお話です。

皆さんはイギリスの給食をご存じですか?食事はあまり美味しくないと評判のイギリス。

実は、給食もすごいことになっているようなのです。↓

i-bPvfL9G-M

上記の写真はテレビ番組でも何度か取り上げられている”マーサペインさん”(当時9歳)がブログに上げた実際の給食の写真です。

食べ盛りのはずの子どもの給食がこれだけとは・・・驚きです。

なんでも、サッチャー政権以降コスト削減のため、フライドポテトやチキンナゲット、チョコレート、ハンバーガーなどの脂だらけのジャンクフードがメインな上、得体の知れない魚や肉が横行しているという食の無法状態になっているそうです。

マーサペインさんと同じようにイギリスで有名なのがジェイミー・オリヴァーの番組、『ジェイミーのスクールディナー』です。

ジェイミーは有名芸能人をはじめ、クリントン元大統領などの大物政治家なども店に来るというすごい料理人。イギリスの給食事情を改善するべく、立ちあがった人です。

こんなすごい人が給食を作るのなら食べてくれるだろうと思いきや・・・まったく食べない子どもたち!

スポンサーリンク

なぜ食べないのか?

毎日同じもの、似たようなものしか食べていないと、別の美味しいものを出されても見向きもしなくなります。

それは・・・慣れていないから。そのため、初めてみるもの、慣れていないものは「まずいと思い込む」のです。

また、たとえ食べたとしても、味に慣れてないから吐き出すということもあるのです。

さらに驚くべきことは、ニンジンやセロリなどの緑黄色野菜のみならず、リンゴやバナナなどの果物類やサンドイッチ、カレー、フライドチキンですら慣れていないと受け付けなくなる、という点です。

いつも食べてるチキンナゲット(脂肪と皮と骨をすり潰して揚げたもの。肉が入ってない。)は食べるのに、フライドチキンすら食べなくなってしますのです。

人間というのは慣れたものを優先的に食べるんだな、と如実に感じる出来事ですよね。

だからこそ、幼少期から様々な味に出会わせてあげることは大切だと思います。

では、ジェイミーはそんな子どもたちにどのようなアプローチをしているのか?

それはまた明日、お伝えします。

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム . 食育 2015.06.03

Translate »