発表力を鍛えるとなぜ良いの?~簡単に親子で発表力を鍛えられる52のワーク~


おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『子どもの真の才能を発掘する』、才能発掘ハンターMasamiです。

先日、私の大切な友人で女性起業家の海野美穂さんが書籍を出版しました!

Facebookでもご紹介させていただいたので、ご存知の方もいるかもしれませんね。

その本は、『イラスト版人前で話すこつ~子どもの発表力をのばす52のワーク~』です!

これから人前で発表する力はとても大切になってきます!

それはなぜなのか・・・?

スポンサーリンク

あなたは人前で発言することは好きですか?

「あなたは人前で発言することは好きですか?」

そう問うと、

「嫌いです!苦手です!!」

という人がほとんど。

そう、日本人は人前で発言することが大の苦手。

”出る杭は打たれる”ということが体に染み付いているのか、なんなのか・・・

とにかく

「人前で発言=あまり良くないこと」

というイメージがありますよね。

なぜ人前で発言=あまり良くないイメージがついたのか!?

ではなぜ、「人前で発言=あまり良くない」というイメージがついたのか?

それはもちろん、日本人ならではの文化的風習もありますが、大きな理由は、

幼少期から発表する機会がなく、人前で発言するのが下手だから!

ということだと思います。

人前で発言する機会がないと、当然ですが練習が出来ないため、上手くなる機会なんてありません。

そして発表が上手くいかず、恥をかく・・・”もう人前で発表なんてしたくなぁ~い!”

ということに。

今まではそれでも良かったのかもしれません。

しかぁし!

これからは人前で自分の思いを発言出来る人が生き残る時代なのです!

さぁ、今日から親子で人前でも臆せず発表できるようになろう!

インターナショナルスクールや海外の学校では、幼児期から『Show & Tell』というものを行っているってご存知でしたか?

月に最低でも1回以上、自分の好きなものなどをクラスのみんなの前で発表するのです。

海外では、小さな頃から発表力を磨いています。だからこそ、堂々と自分の気持ちを表現できる人が多いのです。

これから来るグローバル時代、外国人と共に仕事をしたり、勉強したりするのには、日本人である私たちも、自分の想いをしっかりと表現できるようにならなくてはスムーズに物事は進みません。

海野さんの著書、『イラスト版人前で話すこつ~子どもの発表力をのばす52のワーク~』には、親子で発表力を鍛えられるワークが満載です!

※ただいまアマゾンなどでは欠品中です!書店で見つけたらぜひGETしてみてくださいね!

1つひとつが分かりやすいので、大人の方でもすぐに取り入れることの出来るものばかり。

さぁ今日から親子で練習し、人前でも臆することなく発表できる力を身に付けていきましょう!

子ども&あなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »