あなたも当てはまる?”生きるのが面倒くさい人”になる要因とは・・・


おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『子どもの真の才能を発掘する』、才能発掘ハンターMasamiです。

あなたは

「生きるのが面倒だなぁ・・・」

と感じたことはありますか?

私はあります!それもしょっちゅう笑

”どうしてこんなにも面倒だと思うことがあるのか・・・?”

と考えていたら、こんな面白い本に出会いました!

スポンサーリンク

『生きるのが面倒くさい人』

それが、岡田尊司(たかし)氏著:『生きるのが面倒くさい人』です。

「まさに私にぴったり!」

と思い、読み始めてみると・・・

これがなんとも面白い!

・生きるのが面倒くさい人がどういった心理状況にあるのか

・どんな風に育ってきたのか

・両親や家族との関係がどうか

・学業は影響するのか

・裕福さは関係するのか

など、幼少期の頃からの姿を追っていたり、歴史的な有名人でも”生きるのが面倒だった人がいた”という事実があったりと、楽しく読み進めることが出来ました。

生きるのが面倒になってしまう最大の要因は・・・幼少期にあり!

私が読了して思う”生きるのが面倒になる”最大の要因は、

『自分を認めてもらえなかった』

ということです。

生きるのが面倒になるまでには様々な原因がありますが、

・幼少期に十分な愛情をもらえなかった

・幼少期に好きなことをさせてもらえなかった

・幼少期から自分の意見や気持ちを吐き出せなかった(伝えられなかった)

などという、幼少期から

『自分を認めてもらえなかった体験・ありのままの自分を受け入れられなかった体験=自己肯定感が低い』

が、将来的な”生きるのが面倒くさい人”になりえる要因になっているのです。

無気力から抜け出すには!?

そこからの脱却には、自分に自信を持てる経験=自己肯定感を高める経験が必要になります。

あれこれ大人が口を出すのではなく、子どもの意見を尊重する、話をじっくり聞いて子どもの思いを知るなどということも大切。

・うちの子は何にもいわないから何を考えているのかわからない。

・親である私たちが決めてあげなきゃなにも出来ないのだから。

などと考えているなら要注意!

そのような状況を、あなたがつくってしまっていませんか?

子どももあなたも笑顔の毎日を送れるよう、お互いの意見を恐れずに言い合ってみてくださいね!

子ども&あなたの可能性は無限大!

☆生きるのが面倒くさい人 目次☆

第一章:生きるのは面倒くさいことばかり

第二章:回避性パーソナリティ障害とは

第三章:回避性パーソナリティと回避型愛着

第四章:「傷つきたくない」性格はなぜ生まれるのか

第五章:回避を強める現代人・・・適応か進化か?

第六章:回避性の人と上手く付き合う方法

第七章:回避性が楽になるライフスタイル

※子どもを持つ方はもちろん、社会人の方、学生の方にもオススメです!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »