才能を見逃してしまう!?「あなたは男の子/女の子でしょ!」と言っていませんか?


おはようございます。

世界を舞台にココロが震える本物体験を提供し、『子どもの真の才能を発掘する』、才能発掘ハンターMasamiです。

「あなたは男の子/女の子でしょ!」

あなたは自分の子どもにこの言葉を言ったことはありますか?

実はこの言葉が、あなたの子どもの才能を見逃す原因になっているかもしれません。

性別にみる才能発掘のポイントとは・・・

スポンサーリンク

固定観念はいらない!

d42ae257_Corbis-42-65416184_xxxlarge

「性別によって才能に違いがあるのか?」

と問われれば、Yes でもあり、Noでもあります。

基本的に男と女では脳の構造が違います。

そのため、男の子の方が得意な面と、女の子の方が得意な面は確かにあります。

だからこそ、

「男の子なら○○、女の子なら○○」

と道しるべとして示す場合もあるでしょう。

けれど・・・

才能を発掘するのには”性別”という固定観念はいりません。

性別という枠にはめない!

Hugging For Peace

「男の子だから、女の子だから・・・」

ではなく、”その子の姿”をしっかりと捉えましょう。

たとえ子どもの好きなことが、世間的に言う異性が得意とするものだったとしても、それを

「あなたは男の子/女の子でしょ!」

と否定してしまうと・・・どうでしょう、子どもの才能は開花するでしょうか。

大人はとかく、子どもを”性別”という枠にはめたがりますが、

子どもの持つ可能性は、”性別”という枠に当てはめてしまうのは実にもったいないことなのです。

確かに、性別によって得意な面はあるかもしれないけれど、「好きこそものの上手なれ」。

性別に縛られすぎないようにしてみてくださいね。

子ども&あなたの可能性は無限大!

※「うちの子の才能ってなんだろう?」「可能性を引き出して伸ばすにはどうしたらいい?」

子どもの”真の”才能発掘コンサルティング

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »