『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』


おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真の”グローバル脳”と”ココロ力”を育てる専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

先日、漫画家の西原理恵子氏の著書:『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』を読みました。

20170702_203612

今、女性の社会進出は1つの重要なキーワードとなっています。

現状では、まだまだ満足のいくものではないと思っていますが、女性としてどのように生きていくのか、きちんと考えていくことが大切です。

スポンサーリンク

女性も経済的自立を目指す理由。

yjimage32J5J046

この本の中にもありますが、女性は少なからず自分で動かせるお金を持っているべきだと私も思います。

そのお金は自分で働いたものでもいいし、こっそりへそくりをしているものでもいい。

西原さんは、「旦那さんにも絶対に内緒でへそくりをしておいてね」と言っています。

私はたまに、男性からこんな質問を受けます。

「なんで起業したの?

男性に養ってもらえばいいじゃない」と。

確かに専業主婦になる手もあるし、それが悪いことだとは思いません。

しかし、今の世の中なにがあるかはほんっとうにわかりません。

一生安泰だと言われていた会社がある日突然倒産したり、事故や病気で旦那さんが働けなくなる可能性もあります。

そうなった時、自分の手元にあるお金が0円なのと10万円ではどちらが気持ちに余裕が出来るでしょうか?

当然、後者ですよね。

お金がすべてではないけれど、現実問題お金がないと、気持ちに余裕がなくなります。

すると、イライラして子どもにあたってしまい、虐待に繋がってしまうことも多々あるのです。

”備えあれば憂いなし”

何かの時に備えて、自分で動かせるお金を持っている・持っていこうとすることが、今の女性・女の子たちに必要な考え方なのです。

女性は主体的に楽しんでいい!

西原さんは著者の中で、

「仕事も家庭もあきらめないで」

と言っています。

もちろん、”結婚する・子どもを産む、産まない”は個人の自由。

私はこの著書の中で、”女性はどんな立場になっても望むことを諦めないで!”と言っているように感じました。

そう、どんなことも楽しんでいいのです。(もちろん、男性でも同じことですが)

なにか1つにしなくてはいけない時代はもう終わり。

これから先は、西原さんの言葉のように、

『王子様を待たないで。

お寿司も指輪も自分で買おう』

とする、いつでも自分の人生を主体的に楽しむ人の時代なのです。

※この著書は西原さんの経験をもとに、DVやシングルマザーになることの現実なども分かりやすく書かれています。
サクッと読むことが出来るので、ぜひみなさんに読んでほしいと思います!

子ども&あなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »