世界とどんどん離れる日本社会。~挨拶すると不審者に?~


おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真の”グローバル脳”と”ココロ力”を育てる専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

あなたは近所の人や高齢者の方に挨拶をしていますか?

子どもにも、挨拶をするように伝えていますか?

近年、日本ではこの”挨拶”が問題になっているようで・・・

スポンサーリンク

挨拶をするだけで不審者扱い!?

yjimage1k898q2a

世界、特に欧米では、知らない人とエレベーターや公園、レストランなどでもコミュニケーションの一環として挨拶をしたり、世間話をすることは当たり前のこと。

海外へ出て、声を掛けてもらえるとなんとなく、「ここにいていいんだよ」と言われているようで、嬉しくなるのは私だけでしょうか?

そしてそれは、日本にいても同じこと。

公園で挨拶をしたり、ちょっとした会話が出来ると、自分の存在を認められているようで、安心感を覚えます。

そんなに話したりはしなくとも、”こんにちは”と挨拶をするだけでも、ココロが気持ちよくなるものです。

しかし、近年では、その挨拶によって、不審者扱いされてしまうケースが増えているというのです!

実際、どのようなケースが不審者とされ、区の不審者情報にのってしまったかというと・・・

ケース1:高齢者の方が子どもに挨拶。

70代の男性が、通学・下校途中の子どもたちに「おはよう」や「こんにちは」と挨拶をしていた。

それが、子どもに声を掛ける不審者がいるとして、区の不審者情報へのってしまった。

ケース2:善意で手伝った逆上がり練習が裏目に・・・

子どもが鉄棒の逆上がりの練習をしていたが、苦戦していた。

そのため、50代の男性がコツを教えてあげようと練習に付き合い、結果、その子は逆上がりが出来るようになった。

それを子どもが親に「手伝ってくれたんだ!」と報告したところ、親はその男性を不審者として不審者情報へ・・・

このままでは日本は”絶滅”してしまう。

yjimagemz82oa7s

確かに、子どもが狙われる事件などもあり、何かあっては大変!と思う気持ちも良く分かります。

子どもたちを守らなくてはいけないのはもちろんです。

しかし、挨拶をするだけでも不審者扱いにしてしまうのであれば、日本には地域社会のコミュニケーションというものが絶滅し、ますます孤立が深まっていくだけです。

善意で行ったことが、不審者として扱われてしまうのであれば、助け合いの精神も絶滅します。

これから、外国人の方もどんどん日本に入っていく中で、このような風潮になってしまうことが、日本の、ひいてはこれからを生きる子どもたちのためになるはずがありません。

コミュニケーションでの挨拶・会話と不審者が使う会話は違います。

善意の行動と悪意の行動は違うものです。

なんでもかんでも不審者扱いにしてしまうのではなく、こんな時代だからこそ、

・自分の周りにはどんな人が住んでいるのか把握するための挨拶、コミュニケーション

・挨拶をされたら挨拶を返すマナー+その先の言動・行動で悪意のある人かどうか見極める力

を子どもに伝える必要があるのです。

もちろん、あなた自身も身に付けて、地域・社会全体で子どもを育て、高齢者も母親も父親も居心地の良いコミュニティをつくっていきましょう!

そのことが、結果的に犯罪減少にも繋がるのですから。

子ども&あなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »