世界で伝わるコミュニケーション術、2つのコツとは・・・!


おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真の”グローバル脳”と”ココロ力”を育てる専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

先日、世界でコミュニケーションをとるために必要なのは、英語力ではなく、『くじけないココロ』だということをお話しました。

過去記事:「”世界”とのコミュニケーションで一番必要なのは英語力?それとも・・・」

しかし!

「本当にそれだけ?それ以外にないの?」

と思ったあなた。

世界とコミュニケーションをとるためには、くじけないココロとちょっとした伝え方のコツがあるのです。

スポンサーリンク

世界とのコミュニケーション術を伝授!

DSC00187

世界とコミュニケーションをとるのに必要なのは、英語力よりも、「何度通じなくとも、これを絶対伝えよう!」というくじけないココロ。

くじけないココロがあれば、どんなことも伝えることが出来ますが、なるべくだったらスムーズに伝えたいですよね。

そこで!

世界とコミュニケーションをスムーズにとれるちょっとしたコツを伝授いたします!

世界とコミュニケーションをとるための2つのコツ!

yjimage32J5J046

コツ1:結論(目的)を先にいうべし!

日本語でも、プレゼンテーションなどで相手に伝えるときは、結論(目的)を先に伝えると、話全体がまとまってスムーズになり、”出来る人”という印象を与えます。

これは世界(英語)でも同じこと。

例えば・・・

「I would like to~

Becouse ・・・」

など、先に目的を伝えてしまうのです。

特に、英語があまり得意ではない人の場合、結論を先に言わずにいると、だらだらしてしまい、結局何が言いたいのか相手に伝わりません。

その点、結論を先に言ってしまえば、その後に”なぜそうしたいのか”という説明になったときに、文法や単語がめちゃくちゃでも、相手はしっかりと意味を汲み取ってくれます。

結果、伝わる速度が早くなるのです。

『伝えるときは結論(目的)から』

がコツその1なのです。

コツ2:やるならアクセントを気にかけるべし!

世の中には同じ英語でも様々な発音があります。

オーストラリア英語やインド英語は同じ英語ではありますが、日本人が聞きなれているアメリカ英語とは発音がぜんぜん違っています。

そのため、発音に関しては本当に気にする必要はまったくありません。

ただし、アクセントだけは気にしてみると、よりスムーズに言いたいことが相手に伝わります。

例えば”Dog”という言葉のアクセントは”ドッグ”。

”ドッ”の音を強く出すアクセントです。

アクセントがしっかり出来ると、例え発音がうまく出来なくても、相手にスムーズに伝わる確立が高くなります。

また、アクセントを気にしていると、発音も次第に上手に出来るようになっていくという効果もありますよ!

『発音よりもアクセント』

を心がけてくださいね。

2つのコツを使って世界でもしっかりコミュニケーションがとれる人になる!

141105diversity-thumb-640x361-80995

いかがでしたか?

『くじけないココロ+2つのコツ』をうまく鍛えて、世界中、どこへ行ってもコミュニケーションがしっかりとれるグローバル人を目指しましょう!

子ども&あなたの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »