『10年後、君に仕事はあるのか?』より、今の子どもたちに必要はこととは・・・


20170325_183918

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

先日、藤原和博著:『10年後君に仕事はあるのか?』という本を読みました。

せかいくの過去記事でもちょこっとご紹介しておりますが、今回はぜひ、すべての人に読んでいただきたいこの本を、せかいくの想いと共にご紹介します。

過去記事:「英語はもう必要ない!?これからはココロがいかに豊かに育つかが勝負!」

スポンサーリンク

2020年、時代が変わる!!

yjimage0s0goapx

2020年まであとわずか3年。

その3年後の2020年は時代の変わり目であると筆者は述べています。

その理由は、”就活”

2020年、東京オリンピックが開催された後の経済は大幅に落ちる、つまり、就活がとっっっっても厳しくなるだろうと予測しているからです。

そもそも少ない枠の中で、今まであった職がロボット(AI)や外国人にポストが変わっているかもしれないのです。

いえ、確実にそういう時代がやってくるでしょう。

さらに、今の幼稚園生が就活生になる20年後には、その競争はさらに激しくなっていると私は予想しています。

その中で、どうすれば自分が活躍する場を作る(勝ち取る)ことが出来るのか?

その3つの「力」を、藤原氏はこのようにいっています。

基礎的人間力、情報処理能力、情報編集能力

yjimageybdaehre

基礎的人間力とは、「人柄力」。

情報処理能力とは、これまでのような正解を求める「勉強・基礎的学力」。

そして情報編集能力とは、正解がなく、自分で自分なりの答えや思いを「修正・編集」していく力。

この3つをバランスよく鍛えることが、10年後、仕事=自分の活躍する場をつくるのに必要なのだと。

私はこれまで、これほどまでに分かりやすく、簡潔な言葉にまとめられたものを見たことがなかったので(まさに、せかいくが考えるものと同じだということもありますが、)この3つの言葉には非常に感心しました。

この3つの中で、せかいくが特に育てていきたいのは基礎的学力と情報編集力。

この2つは、乳幼児期にしか土台をつくれないほど、とても重要なもの!

なぜなら、”どんな土台を築くか?”によって、これからの発展(伸びしろ)が決まってくるからです。

そのためには、ココロが震える本物体験をたっくさん経験しておくことが大切。

藤原氏もこのように述べています。

10歳までは思い切り遊ばせる!

yjimage

藤原氏も”10歳までは思い切り遊ばせる”ことが大切だと説いています。

それはやはり、情報編集力は遊びの中で土台・基盤がつくられていくから。

”遊びなんて・・・”と思うのは大間違い!

遊びにこそ、人間のすべてがつまっているのです。

そして、海外も経験させることも、情報編集力をつけるのに役立ちます。

思い通りにいかないこと、言葉が通じないことなど、様々な困難に立ち向かう経験が、ココロを成長させ、人間力をも育てるのです。

20年後を見据えて・・・

yjimage32gx25xu

いかがでしたか?

せかいくは、10年後ではなく、今の幼稚園生が大人になる、20年先を見据えています。

20年後はいったいどんな世の中で、就活事情はどのようになっているのでしょう?

そこで求められるのはいったい何なのか?

そのためには、今の幼児期にどんなことをしておけばいいのか?

今は”グローバル”という言葉をキーワードに、英語、プログラミング、アクティブラーニング、早期教育・・・

本当に様々な教育アプローチがあります。

そして、それに振り回されてしまっている親たちのなんと多いことか・・・

せかいくでは、20年先のお子様の活躍を見据えて、一人ひとりの子どもたちに、その子専用の教育アプローチを行っています。

そして、親御さん自身が世間の流れに流されるのではなく、自分なりの教育の軸を見つける(つくる)お手伝いをしています。

子どもにどんな教育、環境を与えるのかは親、そして教育者次第。

”教育自分軸”をしっかり持って、子どもたちの背中を押せる大人であって欲しい。

それがせかいくの存在意義(ミッション)の1つでもあるのです。

子どもの可能性は無限大!

※今回の著書は、先日『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』を出版し、年間300冊以上の本を読むという生活を35年以上続けている大杉潤さんよりご紹介いただきました。

そちらにも素晴らしい書評がありますので、読んでみてください。

→大杉氏書評:「10年後、君に仕事はあるのか?」

そして、潤さんの本も入社3年目だけではなく、すべての人、親御さんにとっても価値のある1冊になっています。

そちらも合わせてオススメします!

→大杉氏出版書籍:『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »