体験や経験することはなぜ大事?幼少期から”感じる”ことで得ることができるものとは・・・



おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

子育てをしていると、『体験することが大切、経験することが大切』という言葉をよく耳にしますよね。

せかいくでも、”ココロが震える本物体験を”ということをお伝えしています。

では、いったいなぜこんなに『体験・経験』が大切なのか、考えたことはありますか?

今日は”体で感じることで得るものとは何か?”をお伝えします。

体で感じるからこそわかる!”自分の好き嫌い。”

shutterstock_96216545

体で感じてわかることその1は、『自分の好き嫌いがわかる』ということです。

たとえば、先日、私は多国籍料理のお店で”モロッコ風ミントティー”というものを頼んだのですが・・・

これがすっごいミント感で私には合わない!と思ったのです。

そもそもミントティーを頼もうと思ったのは、今まで挑戦してこなかったからというのももちろんありますが、アイスクリームの「チョコミント」が大好きだったので、”ミントも大丈夫だろう”と思ったから。

それが予想とはまったく違う結果になったのでした・・・

ここでまた1つ、新たなチャレンジをしたことで自分の好き嫌いがわかり、”自分”というものを深めることができたのでした。

体で感じるからこそわかる!”人生の広がり”。

yjimage6

体で感じるからこそわかることその2は、『人生が広がる』ということです。

自分の好き嫌いがわかると、

・自分はどの方向に向かえばいいか?

・どこへ向かうのが幸せか?

・自分の好きなことと○○は似ているかもしれないからやってみよう

などと、人生の幅や可能性が広がります。

また、これは嫌いだからちょっとな・・・など、苦手なものを把握することで、自分をより幸せな方向へ向けることができます。

(私の例で言えば、”もうミントティーは頼まない”ということがわかったので、”ミントティー以外の好きなものを頼む”という幸せな方向が見つかりました。)

頭で考えているだけではわからないことがいっぱい!!

f9f90ebd9d2e06b083adf9003fe0f541_s

頭で考えることはもちろん、大切なことです。

これでいいのか予測したり、イメージしたり、考察したり・・・

脳で考えることで、実際に勇気づけられたり、できるようになったりすることもたくさんあります。

しかし、頭で考えているだけで実際に自分の体で体験しないと、 『本当に世界を知っている』ことにはなりません。

”水”に触れたことのない人は、人からどんなに”水”の説明を受けても、真に理解することはできません。

”風”を感じたことのない人は、人からどんなに”風”というものについての説明を受けても、真に理解することはできないのです。

それと同じように、体験や経験を通して体で感じて得るものは、『世界のこと・自分のことを理解することができる』ということ。

幼少期からきちんと体で感じ、ココロが震えるからこそ、自分の可能性を広げ、選択する力を得て、多様な幸せへの道を自分で歩んでいくことができるのです。

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Category 専門家コラム . 発達 2017.01.26

Translate »