”どうしたら外国語を習得できるの?”外国語習得に相性抜群なものは・・・○○!


yjimagem42717t6

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

「グローバルに世界で活躍するためには、英語だけではなく、多言語を話せるようになって欲しい!」

という声が聞こえる今日この頃。

もちろん、グローバルに活躍するために1番重要なのは外国語ではありませんが、ツールとしての外国語は出来て損はありません。

しかし、いったいどのようにしたら子どもが抵抗なく外国語を習得してくれるのか悩む・・・

という方!

こんな学習方法はいかがでしょう??

スポンサーリンク

外国語習得を目指すなら演劇が最適!?

yjimage

その学習方法とは『演劇』

よく、女優さんや俳優さんが、「セリフを覚えるときには動きながら言うことで覚える」と言っているのを聞いたことはありませんか?

また、受験勉強などの勉強にも、「体を動かしながら覚えた方が覚えられる」ということも良く言われていますよね。

外国語習得にもまさに同じことがいえるのです!

しかも、演劇だと役になりきり、その動きに合わせてセリフをいうことで、意味がわからずとも、”こんなことを言っているんだろうな”と意味を自分の行動・セリフから推測することが出来ます。

また、自分だけではなく、他の人たちのセリフや動きもあるため、演劇全体の中で、意味を推測し、動かなくてはいけません。

この”意味を自分で推測していく”ということが、脳の中で自然と外国語を身に付ける環境を作るのです。

このプロセスはまさに赤ちゃんの脳の働きそのもの!

mother-and-child-love-opt

実はこのプロセスは、赤ちゃんが言語を習得していく時の脳の働きそのものなのです。

赤ちゃんも、最初は言葉がわからず、しゃべれませんよね。

しかし、赤ちゃんは”周囲の人の動きとそれが何を指しているのか”を”推測”しながらだんだんと意味を理解し、自分でも色々と真似て音や言葉を発することで、言語を習得していきます。

『周囲の人の動きと言葉の推測+自分もそれに沿いながら動く』

演劇という環境は、まさに赤ちゃんの言語習得プロセスを体現しているのです。

演劇で言語習得プラス、堂々とコミュニケーションをする力を育む!

yjimage

言語習得と演劇は、意外と(!?)相性が良いもの。

また、演劇は言語習得だけではなく、大勢の前で堂々とコミュニケーションやプレゼンをする力を育むこともできます。

演劇はなかなか・・・と思うかもしれませんが、おままごとやごっこ遊びでも立派な”演劇”です!

また、子どもたちはロールプレイが大好き!

様々な役になりきって、盛り上がりながら遊んでくれること間違いなしです♪

ぜひ遊びの中に積極的にロールプレイ、おままごとやごっこ遊びを取り入れてみてくださいね!

子どもの可能性は無限大!!

☆今日やってくるのは・・・

Þvörusleikir(スヴォルスレイキル)。痩せていて細長い。おたまをなめるのが大好き!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム . 発達 2016.12.15

Translate »