日本の『個性を尊重』は、ずれている!?グローバルでの本当の”個性”とは・・・


cached

おはようございます。

乳幼児期からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

『個性を尊重する教育を』

とは、よく聞く言葉ですよね。

しかし、日本の『個性を尊重する』はグローバル視点からすると、ちょっとずれているのです!

今日は「グローバルでの本当の個性とは何か?」をお伝えします!

スポンサーリンク

日本は「個性を尊重する」からまとまらなくなる!?

yjimage

教育現場でも当たり前のように言われるようになった、

・個性を尊重する

・個性を活かす

・個性を伸ばす

などという言葉。

しかし、この”個性”とはどのような意味だと思いますか?

日本では、”子どもの性格=個性”とする認識があるように思います。

「子どもの良い面を育てていこう」ということですね。

子どもの得意・不得意な面を把握して、得意なことを伸ばしていこう、大切にしていこうというのは大事なことです。

しかし・・・それを誤解して、子どもの自分勝手な主張や問題行動さえ、それに気づかず、「これはうちの子の個性なんです!」と思っていませんか?

個性=自己主張ではないんですね。

そのようになんでも”個性”だと思ってしまうと、子どもが必要な援助や学びを受けられず、時には社会に適応できなくなってしまうこともあります。

結果、日本社会はバラバラになってしまう・・・なんて未来がやってくるかもしれないのです!

グローバル視点での”本当の個性”とは・・・

yjimage32gx25xu

 

では、グローバルが考える、本当の個性とはなんでしょうか?

それは・・・

『自分が社会の一員として、いかにして社会に貢献できるか?』

『そして、自分はどのように社会に貢献できるのか?』

と考え、行動することです。

例えば、”自分は体力があるから建築現場で支えよう、自分は音楽が得意だから、歌で社会を明るくしよう”など。

グローバルでは、自分の好きなこと・得意なことを活かして社会に貢献する様々な方法のことを、『個性』と認識しています。

どんな手段で社会に貢献するのかは、一人ひとり違います。それが”=個性”になるのです。

日本も”本当の個性”を尊重する教育を!

mainimage2

日本では、「社会の一員として社会に貢献する」という考えの教育が、まだまだ浸透していないように感じます。

世界では、”自分が社会の一員としての意識を持ち、自分は社会にどのように貢献できるのか”という”本当の個性”を活かす教育を小さいうちから行っています。

”自分が”ではない、”本当の個性”というものを今から子どもと一緒に真剣に考えてみませんか?

まずは、子どもの好きなこと・得意なことが社会にどのように貢献できるのかシミュレーションすることから始めましょう。

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »