この時期一番増えるお悩み相談内容は・・・子どもの水分補給問題!みんなでおさらいしてみよう♪


b053696ea0778220b11e1fc8ad14b9b0

おはようございます。

乳幼児からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

毎日毎日暑い日が続きますね。

暑い日には水分補給がとっても大事!

そんな時期だからこそ、増えるお悩み相談が・・・

「うちの子は水や麦茶を飲まないんです・・・」

「ジュースっていつからあげても大丈夫なんですか?」

など、子どもの飲み物に関する相談。

そこで今日は、以前のコラムも交えて、子どもの水分補給に関して一緒におさらいしていきましょう!

子どもの水分補給には○○が一番!

この時期の子どもの水分補給に一番適しているのは・・・そう、『麦茶』でしたよね。

→「暑い時期のスーパーヒーロー!?子どもの水分補給に最も適したスーパードリンクとは・・・」

人間は、大量に汗をかくと、汗と共にビタミンやミネラルが失われてしまいます。

新陳代謝が活発な子どもなら、なおのこと失われやすいのです。

麦茶はその失われたビタミンやミネラルを確実に補給してくれる、子どもたちのお助けマン!

そのお助けマンを常温で飲むことで、胃腸にも優しいのでしたよね。

そう!子どもたちの水分補給には、”胃腸にも優しい”ということもポイントなのです!

水やお茶が飲めないのは子どもの意思?

「うちの子は水やお茶は嫌いだから飲めないんです。」

という親御さんがいます。

しかし、それって本当に子どもの意思でしょうか?

いいえ、実はそれは、”親であるあなたがそう思っているだけ”なのです。

子どもの水分補給にジュースばかりあげていませんか?

ジュースの味を覚えると、味の薄い水や麦茶を好まなくなるのは当然のこと。

しかし、ジュースがないという状況では、子どもは水も麦茶もちゃんと飲むことが出来るのです。

→お悩み相談!ジュースの味を覚えてしまったのですが…

ジュースは子どもに優しいか?

私は基本的には子どもにジュースは必要ないと思います。

と、いうのもジュースは砂糖などが大量に使われており、子どもに優しいとはいいにくいから。

もちろん、果汁100%というのもありますし、乳幼児から飲めるジュースもあります。

しかし、それを積極的にとらせる必要はないのです。

特に、これから成長していく赤ちゃんには必要のないもの。

1歳未満の赤ちゃんの水分補給には、麦茶や白湯で十分なのです。

虫歯予防のためにも、甘いジュースは早く飲ませないほうがいいと思います。

「果汁をあげた方がいい!」という声を聞くかもしれない、離乳食が始まってない赤ちゃんも、実は母乳で十分なのです。

→「子どもに適した飲み物とは?その1. 」

→「子どもに適した飲み物とは?その2.」

→「子どもに適した飲み物とは?その3. 」

一緒におさらい出来たかな?

いかがでしたか?

まとめておさらいが出来ましたでしょうか?

熱中症などを考えると、”子どもが飲みやすいもの=ジュースを!”と考えがちですが、お出掛けには麦茶などをいれた『My ボトル』を持ち歩けるといいですね♪

もちろん、子どもだけではなく、大人の水分補給にも麦茶などが適していますよ!

家族でお揃いボトルを持ち歩いておしゃれに夏を過ごしましょう!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Category 専門家コラム . 食育 2016.08.15

Translate »