教育心理学に基づいた、マジックフレーズパワー!『やれる!出来る!大丈夫!』


yjimageQ37BJM7X

おはようございます。

乳幼児からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

子どもに効く=子どもを成長させる、”魔法の言葉”や”マジックフレーズ”は、いくつあっても良いものですよね。

また、「子どものためにはどんな言葉をかけてあげるのが良いのか?」はいつの時代も気になるところ。

せかいくでも、”魔法の言葉”をいくつか紹介してきましたが、(→「お悩み相談:子どもがいうことを聞いてくれる魔法の言葉とは?」)今回は教育心理学に基づいた3つのマジックフレーズをご紹介。

言葉のもつパワーとはいかに!?

言葉のパワー実験!「人間ピラミッド」とは?

このマジックフレーズは、「人間にとって『言葉』というものがいかにパワーを持つか」というものからきています。

教育心理学で、言葉のパワーを説明するために行うのが「人間ピラミッド」

いったいどのようなことをするのかというと・・・

・子どもがピラミッドの土台になる

・その上に自分より大きな大人を乗せる

というもの。

「そんなことできっこない!」「大人を乗せるなんて無理!」「体が痛くなる!」

・・・すぐにこのような発言や考えをした消極的で自信のない子に対し、ある言葉をかけ、どのような変化を見せるのか?

というのが人間ピラミッドのポイント。

みなさんだったら、「自分より大きな人を乗せるなんて無理!」とすぐに思うでしょうか?

自分を肯定する言葉、「やれる!出来る!大丈夫!」

さて、そんな消極的な子に言わせた言葉が、「やれる!出来る!大丈夫!」という3つのフレーズです。

これは、自分を肯定する言葉ですよね。

それを、何度も何度も言わせたのです。

すると、さっきまで「出来ない!」と言っていた子が、大きな大人を簡単に乗せてしまうのです!

これは、子どもたちだけではなく、私たちがいかに言葉の影響を受けているのかわかる実験でもあります。

※ちなみに・・・この様子をみた保護者はこの3つのフレーズが子どもを成長させるマジックフレーズであることを知り、子どもを否定しなくなるという結果も出ています。

根拠のないときこそ、マジックフレーズを!

人間、どうしても不安になったり、根拠が見つからなかったりすると、「でも、だって、どうせ、できない」などの『恐怖のDワード』を使ってしまいがちです。

恐怖のDワードは、上記の人間ピラミッドの結果にもあるように、人間にとってマイナスの力を働かせてしまうのです。

「自分はなんにでもなれる!」と夢ふくらんでいる子どもたちに、この恐怖のDワードを使ってしまえばどうなるか・・・

もう気づきですよね?

子どもたちは無限の可能性を秘めています。

子どもが自己肯定感を十分に感じられるよう、「やれるよ!出来るよ!大丈夫だよ!」というマジックフレーズをたくさん浴びせてあげましょう!

すると、子どもたちは困難に立ち向かった時、自ら道をきりひらき、自分を信じ、愛することのできる”強さ”を持つ大人に成長するでしょう。

これは、大人の方も同じ。言葉のパワーは大きいのです。

恐怖のDワードは使わず、自分を無条件で励ましたり、肯定してあげましょうね!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Category 専門家コラム . 発達 2016.08.04

Translate »