国産バイリンガルは夢じゃない!?日本にいながらバイリンガルに育てる教材とは?


61T2VvYLQ5L__AC_UL320_SR224,320_

おはようございます。

乳幼児からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

今、子どもの教育に”英語”は欠かせないものになってきていますよね。

「英語を身につけるには、インターナショナルスクールに通わせたり、留学させたりしなくちゃ!」

と思う親御さんも多いのではないかと思いますが、実は、そんなことをしなくても、英語が身につく!?

教材があるというのです!それが『Brain Quest』。

今日は自宅で英語学習を取り入れている方にお勧めなこの教材をご紹介!

国産バイリンガルも夢じゃない!?

ある専門業者は言います。

「両親共に日本人、海外在住歴なし、インターなし、日本語幼稚園&小学校、でもバイリンガルの基礎は作れる。これまで指導してきて、ご家庭の協力体制があり、試験前は教室で過去問をやれば純国産小学一年生でも準二級合格レベルの英語力達成は可能だである。」

と。これを聞くだけでは”本当!?”と思われるかもしれませんが、実際に家庭で英語の学習を行っているところでは、この教材は重宝されているようです。

ネイティブの先生からも、お勧めされるもののようですよ!

中身はどんなもの?

d0228547_22442663

では、実際の中身はどのようなものなのかというと・・・

この教材はアメリカの小学校指導要領に基づいて制作されており、公文や学研教材のように細かくレベル別に分けられ、体系化されているようです。

ワークブックの他にも無料のアプリもあるので、スマホやiPadなどさえあれば、電車の待ち時間、朝学校に行く前、夜寝る前、旅行先に移動中、いつでもどこでも学習が可能なのも特徴の1つ。

常にレベルチェックも行うことができます。

また、もう1つの特徴として、英語だけではなく、算数、社会、理科なども学べるものになっています。

まるで海外の小学校に通っているように、英語以外の教科も英語で学べるのは良いですよね!

ワークブックは1、2、3・・・とレベル別になっていますが、基礎的なことから学べるようです。

また、小学生用だけではなく、キンダー(幼稚園生)用の教材もあるのも嬉しいです。

ぜひ家庭学習に取り入れてみてはいかが?

”インターにいかなくても、留学をしなくても、やり方によっては英語をしっかり見につけることができる”

というのは実に魅力的。

この教材は親自身も楽しめる教材のようですので、ぜひ一度手にとって、親子でこのワークブックを体験してみはいかがでしょうか?

英語は楽しんで学ぶのが一番です!

自分の家で、大好きな親と一緒に学べることは、子どもたちにとっても1番の学習環境ですよね!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

Translate »