指しゃぶりや爪かみの意外な効果!?○○になりにくことが判明!


yjimage

おはようございます。

乳幼児からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

幼少期のお悩みの1つが、子どもの”指しゃぶりや爪かみ”。

これは、”胎児の時から始まるクセ”と言われていますが、

「なかなか止めてくれない」

「どうすればいいのかわからない」

などというお悩みもよくいただきます。

指しゃぶりや爪かみはストレスを感じている合図の場合もありますので、あまりに続くようであれば対策が必要になります。

が、今回はそんな行動のマイナス面ではなく、プラス面をご紹介!

実はこれらの行動には意外な効果があったのです!

スポンサーリンク

その効果とは・・・アレルギーになりにくいこと!

指しゃぶりや爪かみの意外な効果とは、『アレルギーになりにくい』こと!

いったいどういうことかというと・・・

指しゃぶりや爪かみをすることで、幼少期から細菌に触れる機会が多くなります。

「汚いからやめて!」

と思わず言いたくなる時、ありますよね。

実はこれによって免疫機能が影響を受け、子どもの体の免疫が強くなっていくのです!

すると、イエダニや草、カビ、毛皮などのアレルゲンから身を守ることに繋がるのです。

家庭環境は関係ない!

これは、カナダ・マクマスター大学(McMaster University)のマルコム・シアーズ(Malcolm Sears)教授、ニュージーランドのオタゴ大学(University of Otago)などが研究を主導し、米小児科専門誌「ピディアトリクス(Pediatrics)」に論文を発表して明らかになったもの。

今回の研究によると、その影響は成人してからも続くとされ、親がアレルギーを発症していたり、自宅でペットを飼っていたり、また家族に喫煙者がいたりする場合でも同様の結果が得られたということです。

家庭環境は特に影響してこないのですね。

幼少期に微生物・細菌に触れることが子どもを強くする!

この研究結果は、「子どものときに微生物に触れることで、アレルギーを発症するリスクが低くなることを示している」ともいえ、子どもの時に微生物・細菌に触れることの必要性を改めて感じさせてくれました。

あまりに清潔にしている環境では、人間は強く生きられないのですね。

しかし、そうはいっても指しゃぶりや爪かみを肯定するのは難しいこと。

適度に微生物・細菌に触れるには、どろんこ遊びや土いじりが最適です!

畑や花畑など、土に触れる機会を幼少期から積極的に作って適度に微生物に触れ、生涯健康で強い体を手に入れましょう!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム . 発達 2016.07.27

Translate »