強くしなやかなこころを育てる!『こども孫子の兵法』!


20150520000158

おはようございます。

乳幼児からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

みなさんは『孫子の兵法』を何かしらの形で目にしたことがありますか?

最近、ビジネス書としても注目を集めている『孫子の兵法』。

この孫子の兵法、一見難しそうに思えますが・・・

実は子どもたちにとっても、生きていく上での大切なことを教えてくれるのです!

スポンサーリンク

そもそも『孫子の兵法』ってなあに?

『孫子の兵法』とは、今から2500年ほど前、中国の春秋時代に生まれた『孫子』という書物に書かれている「兵法」のことです。

「兵法」とは、国と国との争いに勝つための考え方や戦い方のこと。

思想家の”孫武”という人が作ったとされています。

「孫子の兵法」以前は、戦いに勝つか負けるかは、兵士個人の能力による、偶然や運に左右されるとされていました。

しかし、個人の能力だけではなく、”国としてどのように戦うか、共通意識や統率力を持てるかどうかが勝負のカギを握る”という時代背景によって、孫子の兵法は生まれたのです。

勝つためにはどのような戦略をとればいいか、しっかりとした考え方や組織としてのまとまり方、リーダーとはどのように過ごすべきかなどのことが、現在の社会においてもとても有効であると考えられ、昨今注目が集まっているのです。

子どもにこそ知って欲しい!『孫子の兵法』

そんな大人でもとても学びのある『孫子の兵法』。

この考え方を子どもの頃から学ぶことで、自分で人生を切り開き、豊かにするための基礎が出来ると思いませんか?

そのためにぜひ読んでいただきたいのが・・・

『強くしなやかなこころを育てる!こども孫子の兵法』です。

sonshi00

この本は、子どもでも孫子の兵法の考えがわかるよう、子どもにとって身近なテーマに沿って書かれています。

幼児期にはちょっぴり難しいところもありますが、年長さんであれば、自分で読んでも理解できるテーマがあります。

また、親が子どもに「なんでがんばらなくちゃいけないの?」などと、返答に困る質問をした時にもオススメ!

・なぜ努力が必要なのか?

・解決できない問題がでたら?

・もう頑張れないと思ったら?

など、大人でも知りたいテーマが満載です!

さっと読むことができるので、親にも子どもにも役に立つこと間違いなしです!

☆目次☆

第1章:勝つためのヒント

・まずなにをするべき?

・戦う準備をはじめるとき

・本当にすごい戦い方とは・・・

・戦わないで勝ちたい!

・戦う時がやってきた!

・勝ったらどうする?

第2章:夢をかなえるためのヒント

・もっと自分を成長させたい!

・成功のひけつってなに?

・なんで努力はたいせつなの?

・ものすごく頭にきた!

・将来の夢に悩んだとき

・なんのために争うの?

第3章:困難に立ち向かうためのヒント

・解決できない問題があるとき

・もうがんばれない気がしたら・・・

・成功したとき、失敗したとき

・リーダーになったとき

・友だちにいやなことをされた!

・トラブルが発生した!

第4章:もう1歩踏み出すためのヒント

・ライバルに差をつけたいとき

・目立ちたい!ほめられたい!

・自分の能力を自慢したい!

・相手の本心を知りたいとき

・どうやって決断するの?

・自分を守るために・・・

ぜひ一家に一冊!

子どもを育てるということは簡単ことではありません。

「子どもの質問にどのように答えたらいいのだろう?」

と思うこともたくさんあると思います。

そんな時、『こども孫子の兵法』をぜひ活用してみて下さい。

きっと親子にとって、良い答えを導き出せると思います!

子どもの可能性は無限大!

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク
Translate »