子どものココロとカラダを創る!食べる筋トレレシピの専門家!ギール里映さんとの対談!vol.2


1

おはようございます。

乳幼児からココロが震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

今日は昨日の続き!(→「子どものココロとカラダを創る!食べる筋トレレシピの専門家!ギール里映さんとの対談!」

食べる筋トレレシピの専門家、ギール里映さんとの対談で得たお話をご紹介します!

”食べないことが当たり前!”の子どもたちが求めているものとは・・・!?

スポンサーリンク

子どもが求めるのは・・・自然エネルギーに溢れているもの!

「食べないことが当たり前という前提の子どもたちにとって、食べ物は本能で求めるものです。

その子どもが求める本能とは・・・ずばり、自然エネルギーの高いもの!

自然エネルギーの高い野菜や良い素材のものを与えることが、子どものココロを豊かにし、エネルギーの溢れる子どもを創るのです。」

子どもが求めるのは自然エネルギーの高いものだったなんて・・・

みなさんは考えたことがあるでしょうか?

子どもが食べないと、私たちはついつい、見た目を良くしよう、子どもが好きな食材を使おうとしてしまいがちですよね。

しかし、子どもはそれを求めていないというのです。

ギールさんは言います。

「私たち、一般の人が見た目にこだわるのは、どうやっても難しいんですよ。

なぜなら、既製品はすごく研究されているので、どうやっても勝つことができない。

だったら、いつも食べている素材を1ランクあげてあげるのが一番いいんです。

なにもすごいものを作れとはいいません。

私自身、素材は良いものを使うように心掛けていますが、作るのはいたってシンプルなものばかりですよ。」

人間は自然に離れれば離れるほど不健康になる!

ギールさんの言う、”自然エネルギーの高いもの”とは、この言葉を聞けばわかるのではないでしょうか?

『人間は自然に離れれば離れるほど不健康になる!』

今は人工知能でなんでもやってしまおうという動きもありますが、人工知能が作ったものよりも、手作りの方がエネルギーが入っている。

工場で生産されたものよりも、人の手で育てられた食材の方が、エネルギーに溢れている。

つまり、人の手がかかっているものは、その人の温もり・エネルギーも宿っているため、自然のエネルギーが満載なのです!

このエネルギーが足りないと、落ち着きがない、キレやすい、無気力・・・などといったことに繋がってしまうのだそう。

手がかかっている分、お金もかかるものですが、その逆を考えると・・・

いつもの食材よりも、ちょっとランクを上げてみようと思いませんか?

今こそ見直すべき、玄米パワー!

今、健康食としても話題になっていますが、玄米を食べると、なんと1日に必要な栄養の50%以上を摂取することが出来るってご存知でしたか?

「昔の人は、主食に玄米やひえ・あわなどを食べていました。

だからこそ、昔の人はエネルギーに溢れていたのです。武士しかり、町人しかり。

今は白米を食べている人が多いですが、白米には実はあまり栄養ってないのです。

白米を食べるから、いろいろなものを食べなくてはいけなくなる。結果、食べ過ぎやエネルギー不足なんてことになってしまうのです。

玄米を食べると、1日に必要な栄養素の50%以上をとれるため、おかずにいろいろ食べる必要がなくなります。

また、子どもがご飯だけしか食べなくても、必要な栄養を50%取っているんだと思えば、そんなに焦ることはなくなりますよね。」

と、ギールさん。

確かに、私も昔の飛脚の人が欧米食(肉やたまご)を食べてどのくらい走れるのかという実験をしたところ、体力が持たずにいつもの半分も走れず、飛脚の人がいつもの食事(あわやひえなど)に戻してくれと訴えたという記事を見たことがあります。

ギールさんは言います。

「結局、今注目されているのは、昔から良いと言われてきた食事なのです。」

確かに、その通りなのですね!

まとめ

いかがでしたか?

2日間に渡って、ギールさんとの対談の内容をお伝えしました。

上手くまとめきれていないところもありますが、みなさんにとって目から鱗の情報をお伝えできていれば幸いです。

私も自分の食事について、改めて考えさせられる良いきっかけになりました!

そしてギールさんはとても魅力的な方でした。ギールさん、本当にありがとうございました!

ギールさんのお話をもっと聞きたい、知りたいという方はぜひこちらをクリック!

『食べる筋トレ大辞典』

本当にためになるお話が満載です!

きっとご家族のためになりますよ♪

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム . 食育 2016.05.19

Translate »