”保育園落ちた死ね”は日本だけ?海外の待機児童事情は?


yjimage

おはようございます。

乳幼児から心が震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

日本で注目を浴びる、”保育園待機児童問題”。

日本で子育てをしている海外の方は、今回の問題をどのように捉えているのでしょうか?

「外国人記者は見た!なるほど日本inザ・ワールド」という番組からご紹介します。

スポンサーリンク

”子どもは女性が見るものだ”と舐められている!?

待機児童問題は、20年前にも出ている問題です。

それがこれまでずっと進んでこなかったのも、ここにきて急に注目されるようになったのも、「子どもは女性が見るものだ、誰でも見れるだろう」という社会の考えがあるからではないかと、外国人の方も感じているようです。

そのため、保育士の給与も低く、待遇としてもあまりよくないのではないかと言うのです。

実際に保育士体験をした方が、「子どもと遊ぶだけでいいわけではない。本当に大変な仕事。総理にも体験してもらいたい」とおっしゃっていたのが印象的でした。

その通りです!

日本の保育は世界一!

外国人の方からでた、嬉しい言葉。

それは、『日本の保育は世界一』だということです。

保育の質はもちろん、給食や長時間の預かり、お遊戯会、きめ細かい連絡帳など、世界にはないものを行っており、本当にすごいと感じてくれていました。

その分、保育士の負担や責任が多い、長時間労働をしなくてはいけないという現実もありますが、世界から見ても、日本の保育はすばらしいと感じてくれていることは、誇らしく思います。

”子どもの声は騒音ではない”という法令を!

また、保育園を設立する際に問題になる、”子どもの声が騒音になる”という声。

実は、ドイツも以前は同じようなことがあったようですが、「子どもの声、また、保育に従事する先生の声や音は騒音にはならない」という法令を作ったのだそうです。

未来を担う子どもたちを”騒音”とするべきではないと国で決めているのですね。

これはぜひ日本も早急に作っていただきたい法令だと感じました。

保育園義務化をするべき!

海外では、保育ママを利用したり、規制をゆるめてコンテナを改造し、保育園にしていたり、義務教育ではないけれど、ある年齢になったら必ず保育園に入れるなどという様々な対策をし、待機児童問題の解決を図っています。

今現在の日本では、小学生は国の権利で認められていても、乳幼児には権利が認められていません。

そのため、小学生にになると全員が小学校に通うことができますが、小学生未満の子は、子どもの権利を認められていないため、保育園に入りたくても入ることが出来ません。

国が乳幼児の子どもの権利を認め、保育園を義務化することが、待機児童問題解決に向けての1つの手段になるかもしれません。

まとめ

番組の中で、外国人記者から様々な解決策や意見が飛び交ったり、保育について議論したりしている姿をみて、外国人の目線で見ても、日本人と同じように感じるところ、外国人だからこそ感じるところがあって、とても勉強になりました。

まだまだ書きたいことはありますが、それはぜひ、番組を1度ご覧いただければと思います!↓

『外国人記者 待機児童問題 世界はどう見る?』

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.04.14

Translate »