テロによって変化するヨーロッパの価値観。


aboutkachikan5

おはようございます。

乳幼児から心が震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

今週は世界の文化でも、負の文化についての記事が続きます。

今回は”テロによって変化するヨーロッパの価値観”です。

多様な民族、文化を積極的に受け入れてきたヨーロッパの国々。

その価値観が今、変化しようとしています。

スポンサーリンク

多様な民族が入り混じるヨーロッパ

ヨーロッパの国々は、労働力の確保などの様々な理由から、積極的に移民を受け入れてきた歴史があります。

そのため、どの国でも都市部では異文化が入り混じっている様子が見られます。

異文化もありつつ、一歩都市部を離れれば、昔ながらの生活が見られるヨーロッパ。

とても魅力的な国々ではありますが、近年テロが多発してしまっている地域でもあります。

それは、悲しい解釈ですが、ちょっと見方を変えてみれば、移民を受け入れてきたことで起きてしまっていることなのかもしれないのです。

例:ベルギーで起ったテロ

先日、悲しいことにベルギーでまたテロが起ってしまいました。

その1つの背景には、ベルギーには移民を受け入れてきたことで、イラク系の過激派組織の集まる場所が出来てしまったことがあります。

フランスのテロの実行犯がベルギーに潜伏・捕まったことで、それに刺激されたベルギーにいる仲間がテロを起こしてしまったのです。

「もし、移民を受け入れていなかったら・・・こんなテロは起きていなかったかもしれない」

今回、立て続けにテロが起ったことで、このように考える人々も少なくないようです。

移民を受け入れることの是非

各国の政府の対応を見ても、その反応は様々です。

移民の受け入れを制限、拒否する声も出ていますが、同時にそれを疑問視する声もあります。

移民を積極的に受け入れてきたヨーロッパの価値観が、変化しようとしているのです。

私は政府の役人でもなんでもないので、是非を判断することは出来ません。本当に難しい問題だということも分かります。

が、せかいくでも大切にしている、異文化や他国の価値観、人々に触れ合うことはこれからを生きる子どもたちにこそ、大切だと思います。

人を疑うことはいくらでも出来ます。拒絶することも簡単にできます。

けれど、まずは人を信じること・信頼することを子どもたちに忘れて欲しくないと思います。

自分の目で見て、体で感じて、そこから自分なりに見極めていってほしいと思います。

そのための土台(=様々な体験、様々な人に会う)づくりを偏見のない乳幼児期にたくさんしていきましょう。

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.04.06

Translate »