スマホ型の銃!?アメリカで販売開始。


3f3c8320-s

おはようございます。

乳幼児から心が震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

先日、アメリカでスマホ型の銃が販売されるという驚きの情報を目にしました。

アメリカは誰もが知る銃社会。

今日は世界の文化ともいえる、銃社会について考えていきます。

スポンサーリンク

銃を”使用するのに”年齢制限のないアメリカ

アメリカでは銃を『使用するのに年齢制限はない』ということはご存知でしたか?

購入する時には年齢制限があるのですが、使用するのに制限はないのです。

そのため、子どもでも銃を使用することが出来ます。

極端に言えば、赤ちゃんでも銃を持って打つことができるのです。

子ども用の銃もあり、1万円くらいでの購入が可能なため、とても人気なのだとか。

使用するのに年齢制限がないなんて恐ろしいですよね。

子どもの”間違い”で起る発砲事件

使用が制限されていない、アメリカ。

そのため、子どもが間違って発砲してしまい、家族を傷つけてしまう事件が何件も起きています。

兄弟で遊んでいて発砲してしまい、どちらかが亡くなってしまうという痛ましい事件も多く起きています。

年間、銃による死亡者は約3万人以上にも上り、テロや交通事故で亡くなる方よりも多いとされています。

また、子どもによる誤作動での事故も増え続けています。

そんな中、発売される”スマホ型銃”

そんな中、発売されるのは”スマホ型の銃”

本当にスマホにそっくりで、カメラやイヤホンジャックなども、精工に作られています。

発売元は、”銃を携帯していると知られないように持ち歩けるものを”というテーマをもとに作ったようですが、これにはアメリカ本土でも反対の声が上がっています。

・警官に間違えて撃たれる可能性がある

・警官が間違えて発砲した時の言い訳に使われる

・子どもが銃だと思わずに手にする恐れがある

・見分けられない

などなど、身近なスマホが銃になるということで、危険を多くはらんでいることがよくわかります。

(それでも発売されてしまうということに驚きです。)

もし、子どもがおもちゃと勘違いして発砲してしまったら・・・考えるだけで恐ろしいです。

銃はスマホと同じ感覚、なくてはならないもの?

自分の身を守るために、銃を携帯することが許されているアメリカ。

もちろん、州によっては厳しい規制があるところもありますが、国全体として規制を厳しくしようとしても、議員の過半数は銃の規制に反対するという結果に・・・

また、それが当たり前として育ってきた方々にとって、銃を携帯することはまさに、スマホを携帯するのと同じ感覚のようです。

ちょっとそこまでの外出でも・・・

・何かあったら困るから持っていこう

・何かあったら家族を守れない

・(持っていくことに驚くと)なぜ持っていかないのか?

という心理になるようです。

我々日本人にとってはなかなか理解できない感覚ではありますが、これもまさに”文化”として根付いてしまっているのですね。

すぐには難しいかもしれませんが、いつか銃がなくても安心して過ごせる社会になっていくことを願います。

 

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.04.05

Translate »