Congratulations!卒業式のタッセルに隠された意味とは・・・


yjimage31ZTKA7M

おはようございます。

乳幼児から心が震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

今日は私の職場でも卒園式があります。

あっという間の園生活・・・様々な思い出がよみがえります。

そんな今日は海外の卒園式の様子をご紹介!

日本の幼稚園ではなかなか見られませんが、海外の園などでよく見られる卒園式・卒業式のガウンと帽子についてご紹介します。

スポンサーリンク

海外では5月・6月が卒業式シーズン!

さて、まずは卒業式の日程から。

日本では”4月はじまりの3月終わり”が一般的なため、もちろん3月が卒業式ですが、海外では9月はじまりの(だいたい)6月終わりが基本です。(7,8月は夏休みのところが多い)

そのため、5月・6月が卒業式のシーズンになります。

5・6月だと日本では新学期がスタートしたばかりなので、ちょっぴり違和感を感じますね。

卒業式にはアカデミックガウンと帽子!

そんな卒業式に欠かせないのが、”アカデミックガウン(Cap and Gownとも呼ばれる)”と呼ばれる、おなじみの青や紺のガウンと、”タッセルつきの帽子”です。

これは、ヨーロッパから伝わったもので、公式の行事や学会などにも用いられます。

大学によっては学位によって色や形が違うものもあるようです。

そして、ガウンと共に着用する帽子。

特徴的な帽子ですが、その帽子についている『タッセル』という紐(↓)のようなもの、実はきちんと意味があるのです!

yjimageCBYEL51D

タッセルの意味とは?

タッセルは、卒業前は右、卒業後(卒業証書を受け取り、式典終了後)は左とつける位置が決まっています。

なぜこのように付け替えるのかというと・・・

『タッセルが右から左へ移動されると言う事は、”人生のあるステージを超えた”と言う事で、新しいステージに向かう準備が出来たと言う事の象徴』

だからです。

素敵ですよね!

※ちなみに、よくテレビや映画で卒業式後に帽子を一斉に投げる姿が見られますが、あれは必ず行うものではないようです。

アナポリス海軍士官学校というところで行われていたハット・トスが発祥となっているようですが、やるかやらないかは、個人によるようです。

新しい門出の始まり!

いかがでしたか?

慣れ親しんだ環境を離れるのは寂しいものですが、タッセルに込められた意味のように、新しいステージに向かう準備が出来た証拠です。

今後また新しいステージでも自信をもって活躍できるよう、子どもたちを見守っていきましょうね!

 

 

 

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 世界の文化 . 専門家コラム 2016.03.18

Translate »