”ホワイトデーといえばマシュマロ!”はNG!~お返しにも意味がある!~


image

おはようございます。

乳幼児から心が震える本物体験を提供し、『真にグローバルに活躍する子どもをプロデュースする専門家』、ワールドkidsプロデューサーのMasamiです。

今日はホワイトデーですね!

この日にバレンタインのお返しをするという方もいらっしゃると思いますが・・・

渡す前にちょっと待って!そのお返しは適切ですか?

実は、お返しにも意味があるのです!

スポンサーリンク

”ホワイトデーにはマシュマロを!”はNG!

”ホワイトデーにはマシュマロを贈ろう”と思う方も多いかと思いますが、実は、マシュマロを女性にあげるのはNGなのです。

なぜなら、そこに隠れている意味が問題だからです!

ホワイトデーに贈るお菓子はだいたいマシュマロ、クッキー、キャンディー、チョコなどがあげられるかと思います。

男性にとっては何気なく選んだつもりでも、実は意外と意味を知っている女性は多いもの。

それぞれのお菓子の意味を知らないと、大変なことになるかもしれません!

その、それぞれの意味とは・・・

・マシュマロ・・・あなたが嫌いです

・クッキー・・・あなたは友だちです(友だちでいてください)

・キャンディー・・・あなたが好きです

(番外編:チョコレート・・・意味は特にありませんが、女性にはあまり人気がないようです。バレンタインにチョコをあげたのに、同じものを返すなんて芸がない・・・と思われてしまうようです。)

ホワイトデーのお返しには実はこんな意味があったのです!

それぞれの意味にも驚きですが、キャンディーが良い意味を持っているなんて意外だと思いませんか?

実はホワイトデーができた当初は真逆の意味だった!?

現在ではNGとされているマシュマロですが、ホワイトデーが生まれた当初は、まったく逆の意味で使われていました。

そもそも、ホワイトデーは日本で生まれた文化で、欧米では知らない人もたくさんいます。

(もちろん、一部のアジア圏ではホワイトデーを楽しむ文化もあります。)

 なぜ日本でこのような文化が生まれたかというと・・・昔から日本人は義理堅く、何か貰ったら”お返しをしないと気がすまない”という国民性を持っているからです。

そこに目をつけてホワイトデーを作ったと言われるのが、福岡市の老舗菓子屋さんと、全国飴菓子工業協同組合。

『もしも、お返しを貰えたら、何が嬉しい?』
と言う、当時の雑誌のアンケートの上位にマシュマロがあったため、マシュマロにしたようです。

しかも、ただのマシュマロではなく、当時の定番はチョコを包んだマシュマロ!

そしてこれには素晴らしい意味合いがあったのです!それは・・・

『女性から貰った気持ち(チョコ)を、男性が、純白な愛(マショマロ)で包んで、お返しをする』

というもの。現在の意味とはまったく逆ですよね。

(ちなみにこの頃はホワイトデーと言う言葉がなく、マシュマロデーと呼ばれてました。)

そんな経緯があり、マシュマロが売れるのを見て、動き出したのが全国飴菓子工業共同組合

(ちなみに、ホワイトデーとは全国飴菓子工業共同組合が作った言葉です。)

現在ではキャンディとマシュマロの意味がひっくり返っていることから、全国飴菓子工業共同組合の販売戦略がいかに上手かったか!?と想像してしまいますね。

出来る男前男子はマカロンを贈ろう!

それぞれの意味が逆転してしまったマシュマロとキャンディーですが、現在では以前のような人気はなくなり、クッキーや焼き菓子が主流になってきています。

”しかし、それではつまらない!”

と思われる方は、ぜひマカロンを贈ってみましょう!

実は、マカロンには『特別な人』という意味があります。

この意味は女性でもまだ知らない人も多いので、マカロンをあげると喜ばれることが多いのです。

今後はぜひ、お返しに隠された意味も考えながら贈ってみてくださいね♪

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム 2016.03.14

Translate »