組体操が全面禁止に!?


yjimageTM716NZS

幼稚園や小学校などの運動会で見られる花形種目『組体操』。

みんなが一致団結している姿は感動的ですよね。

そんな組体操が、全面禁止になるかもしれないのです!

スポンサーリンク

そもそも組体操はどこから来たの?

そもそも組体操の歴史はどんなものなのでしょうか?

初歩的な組体操は、なんと紀元前2000年の古代エジプト文明の壁画に描かれているのです!

中国でも、漢の時代の土偶にそれが見られていることから、古い歴史があることが分かります。

ヨーロッパでは、中世以後のイタリアで、祭日などに披露されてきました。

また、19世紀にはドイツで近代的な組体操が盛んに行われた記録があるそうです。

国民主義の高まりをみせた19世紀半ばごろからは、ドイツで国民の健康と軍事教練を兼ねて合同で行なう体操運動が盛んになり、第一次世界大戦を前に欧米諸国にも広まっていきました。

組体操は日本でも明治初期から導入されており、日本の体操教育の基礎となったそうで、現在では日本以外だと香港、マレーシア、ブラジルで盛んに行われているようです。

組体操は古代エジプトから始まるほど歴史があるなんて知らなかったので驚きです!

そんな歴史ある組体操が禁止に!?

今回禁止を決めたのは大阪市教育委員会。

9日に行われた会議で、市立小中高校の運動会や体育祭で実施している組体操の「ピラミッド」と「タワー」を来年度から禁止することを決定したのだそうです。

実は、大阪市教育委員会は昨年9月には、組体操の”段数”を制限しました。

しかし、その後も骨折事故が相次いだため、今回の禁止を決定。

ピラミッドやタワーの禁止は千葉県松戸市なども検討しているということです。

更に、膝の上に立ち上がる「サボテン」や「肩車」などでも、骨折事故が多いことを問題視する声が上がっているのだとか。

こうした技にも規制が必要かどうか検討することになり、将来、組体操が行われなくなる可能性も・・・ 

組体操は危険なもの?

組体操では近年、その”高さ”を競う傾向にあり、専門家からも懸念が出ていたようです。

禁止を決めた市の教育委員、大森不二雄委員長は、

「一体感を味わう子どもや感動する保護者もいるだろうが、そうでない人は声を上げられない。

どちらが多数か分からないが、事故が多い現状を踏まえれば、多数決で決める話ではない」

と語ったそうです。

確かに、組体操には危険が伴うことはよく分かります。

しかし、その一方で・・・

「団結力を育むなどの教育効果がある。」

「組体操を見るとその学校が分かる」

という意見もあります。

組体操の危険性についての指摘には、教師の力量の低下、学校教育への信頼の低下という課題が背景にあるのではないかという意見や、

組体操をもって、引き上げることのできる子どもがいる(例:運動が苦手な子、体重の軽い子などは一番上に立つという見せ場(?)があるなど)という意見もあります。

確かに、”年長さんになったらあんなにかっこいいことが出来る!”という憧れの言葉が現場でも聞かれていました。

小学校でもこのような子どもたちの声は聞こえているようです。

あなたはどう思いますか?

組体操は高さを競うものではなく、

『子ども自身が挑戦に値すると思う課題をクリアしていくプロセスを安全に経験させた上で、やり切った達成感を胸に刻み込むことが組体操の目的である』

と語る人がいます。私もこの意見には共感します。

もちろん、100人いれば、100人全員が組体操に主体的に挑んでいるか、肯定的かというとそうではないと思います。

また、教師や学校への信頼が薄れていることも関係しているのかもしれませんが、私は組体操が将来、”危険なもの”と認識され、全面的に禁止になってしまうのは寂しいです。

みなさんは、どう思うでしょうか?

この記事を書いた人

関口真美
関口真美代表
世界×教育=せかいく代表。
元幼稚園の先生で、元インターナショナルスクールの先生。 幼児教育者歴12年以上。
これまで4,000人以上の子ども達、保護者と関わってきた経験を持つ。

その中で、子どもの育て方に加え、これから来る予測出来ない時代に向けてどうすれば良いのか分からず、溢れる情報に振り回され、迷い、疲れてしまうご両親の相談に多数のってきたことから、

「よりお子様の特性・ご両親の想いに沿った、且つ、これからの社会を見据えた教育を提供したい」

と思い、
・我が子を”世界人”にするフルオーダーメイド教育コンサル(ペアレントトレーニング)
・旅を通してグローバルを学ぶ実践型グローバル教育(旅行同行)
・国際マナー講師
・セミナー、講演
を行っている。
※世界人=地球上どこでも堂々と活躍出来る人

『子どもが将来、地球上どこでも堂々と活躍出来るように、
まず、人間の土台となる幼少期をしっかり固める。』がモットー。

スポンサーリンク

Category 専門家コラム 2016.02.24

Translate »